AKANE(カラオケバトル)本名や年齢は?演歌歌手ユニット水雲動画も!

どうも kakisanです。

 

テレビ東京系列にて水曜日18時55分から放送中の

『THEカラオケ★バトル』、みなさんご覧になっていますでしょうか。

 

11/22の放送では、【歌の異種格闘技戦 ルーキーズカップ】と称して

初出場のメンバーばかり、しかもアイドルから元カリスマ社長、

R&Bや演歌まで、個性豊かな面々が登場します。

 

今回はその中から、

演歌ユニット「水雲」の一人、AKANEさんについて調べてきましたよ。

スポンサードリンク

【本名や年齢を含む、プロフィール】

出身地:和歌山県

NHK歌番組にてチャンピオンになり、その後水森英夫がスカウトされてます。

(水雲の主旋律を担当)

 

水森英夫氏は、氷川きよし、山内惠介などを門下生に持つ歌手兼作曲家です。

 

「箱根八里の半次郎」「大井追っかけ音次郎」などは水森英夫氏の作曲なんだそうですよ。

 

どれもめちゃくちゃ耳に残るヒット曲ですよね(笑)。

 

氷川きよし氏の他にも、美川憲一さんや天童よしみさんなどにも曲を提供しています。

 

そんな水森英夫氏に見初められたAKANEさん、実力の程が伺えますね。

 

気になる年齢ですが、AKANEさんは1991年生まれの26歳のようです。

ちなみに本名は「山西明音(あかね)」さん。

 

明るい音であかねさん…まさに歌手になるために生まれてきたようなお名前!?

 

そして2013年、3人組の演歌歌手ユニットとしてデビューすることとなりました。

ちなみに他のメンバーについてですが、

リーダーであり高音パートを担当しているのがNAOさん。

 

武蔵野音楽大学の声楽科を専攻していた本格派です。

 

NAOさんは2011年にオーディションで選ばれました。

 

一番目につく謎の白人女性は(笑)、アメリカ出身のNEKOさん。

 

早稲田大学に留学後、日本のサブカルチャーに魅せられアニメ専門学校へ入学、

その後水森英夫氏の目にとまりデビューとなりました。

 

歌唱では低音パートを担当しています。

 

「水雲」というユニット名は、「もずく」ではなく「みずも」と読むそうです。

 

さすがにもずくはナイですよね…(笑)。

 

恩師である水森氏の名前にあやかったのでしょうか。

 

演歌ユニットという新しい演歌を目指す水雲は、

曲だけでなく斬新なコスチュームやステージパフォーマンスでも注目を集めています。

 

また公式HPは日本語と英語が併記されており、

演歌を世界に広めようという気概が伝わってくるようです。

 

そういった意味でも、白人女性がいるというのは有利かもしれませんね。

 

【あのCMのカバーソングも!水雲の歌唱動画】

 

水雲はYou Tubeの公式チャンネルを持っています。

 

デビューシングル「帯屋町ブルース」のB面がこちらの「米」です。

 

PVもインターナショナルな雰囲気で、いい意味で演歌っぽくないですね!

 

日本文化好きな白人さんにウケそうなかんじです。

 

 

「海の声」浦島太郎 水雲-MIZMO (Cover)

昨年の紅白でも演奏された「海の声」のカバーです。

 

海で歌ってるので若干声がかき消されてしまっていますが、

それでも3人の歌唱力がビンビンに伝わってくる動画です。

 

かきさん
彼女たちのCDは楽天で!→楽天でチェック!

 

スポンサードリンク

【まとめ】

 

演歌ユニット「水雲」の一人であるAKANEさんは、

日本と世界をつなぐ架け橋になれそうな新しい演歌歌手でした。

 

今回のカラオケバトルでは

石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」を歌うというAKANEさん、

目が離せませんね!

 

では、またお会いしましょう!

スポンサードリンク





カテゴリ