昭和天皇独白録って何?原本3000万円高い安い?文庫の通販も!

この記事は2分で読めます

どうも kakisanです。

 

何かと世間に話題を振りまいてくれる

高須クリニックの高須院長ですが

今回もやってくれてますね。

 

昭和天皇が太平洋戦争などに関する出来事を

戦後に回想した「昭和天皇独白録」の原本が

ニューヨークでオークションにかけられて

高須院長が約3000万円で落札しちゃいました。

 

高須院長からすれば安っすい買い物でしょう^^

 

その後がすごくて、落札した文書を

皇室にお返しするとのこと!

 

カッコイイですね。

 

私も金持ちならこんな事やってみたい><

 

まぁ、話はわかりましたが

そもそも「昭和天皇独白録」って何なのか?

 

そんなに価値のあるものなのか

分からない方も多いんじゃないでしょうか。

 

そこで「昭和天皇独白録」について

調べてみましたのでご紹介しますね。

スポンサードリンク

「昭和天皇独白録」とは?

昭和天皇が1964年春に

張作霖爆殺事件から終戦に至るまでの経緯を

側近に語った昭和史の第一級資料なんです。

 

張作霖爆殺事件とは

1928年に日本の関東軍によって

奉天軍閥の指導者張作霖が暗殺された事件ですね。

 

側近の故寺崎英成氏が

鉛筆などで記録した173ページ分が

今回落札されてます。

 

独白録の内容自体は

90年代に日本で出版されていて

大きな反響を呼んでました。

 

実際に今でも文庫は購入できます。

 

楽天

 

amazon

 

お安いので、興味がある方は

読んで見てはどうでしょうか^^

 

 

日本の歴史を知る上では

貴重な資料であることには変わりないですが

今回の落札額約3000万円は果たしてどうなんでしょうね。

 

昭和天皇独白録の価値は?

私個人的な見解は3000万円と聞いて

「意外と安いなぁ」って感じましたね。

 

だからと言って私が払えるかといえば

それは無理ですよ^^

 

価値については人それぞれですが

一部では史料的価値自体は低いと評価されてます。

 

歴史的事実がこの資料によって根底から変わるとか

裏付けの証拠になるとかといったものでは

ないみたいですね。

 

一方で

極東国際軍事裁判(東京裁判)で

天皇が戦犯として訴追される可能性を懸念して

作成されたとの見方もあります。

 

実際に英語版が

連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)

にも渡っていて、その可能性も現実味を帯びてます。

 

色々な背景が想像できますが

あくまで想像であって、なぜ記録として残していたのか

特に政治的背景もなく、内輪の雑談記録との見解が

有識者間でされてます。

 

そう考えると、ただ単に過去の直筆原本だから

という価値になるんですが、それも側近の直筆ですしね。

 

文庫で内容が公開されている中

それが3000万円なら。。。逆に高いかも^^

 

スポンサードリンク

まとめ

何れにしても高須院長はカッコいいです!

 

お金の使い方がカッコいいですよね。

 

ちなみに出品された文書は寺崎氏の死後、

米国の親族が保管していたそうです。

 

この親族が「コウシツニ オカエシシマス」

なんて言ってたら、もっとカッコよかったのにね^^

 

オークションに出すところが

なんかいやらしい気も市内でもないです。

 

高須院長から皇室の手に渡って

どこかの博物館に展示されることになると思うので

その時は、「これが3000万円かぁ」って見てしまいそうですね^^

 

では、またお会いしましょう!

 


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ