日馬富士は殺人未遂?角界の体質や未必の故意で起訴有罪の可能性!

この記事は6分で読めます

どうも kakisanです。

 

今日も冷えますね〜。

 

防寒対策は万全ですか。

 

北側では雪の予報もあるみたいなので

通勤通学など注意も必要ですね。

 

冬のファッションも楽しめる時期になってきました。

 

って、私は暑がりなので冬のコーディネイトにセンスはないですけどね^^

 

さて、最近話題になっている事件として

相撲界の暴行体質について議論されてますね。

 

あまり知られていませんが

厳密にいうと日本に国技時はないんですが

相撲といえば日本の国技といってもいいくらいの

日本を象徴するスポーツと言えます。

 

あくまで「スポーツ」と言わせてもらうのは

ただ単に強さを競い合うものではなく

相撲によって礼儀、挨拶、思いやり、

協調性等に重点を置いた指導によって、

青少年健全育成も目的になっているからです。

 

これは全てのスポーツにおいて共通の目的になってます。

 

勝負の世界ですから勝ち負けの結果は重要です。

 

特にプロとして賞金をもらって生活する以上

多少のドロドロとした部分もあるのは事実です。

 

しかし、根底には人としての「格」を鍛えるという部分が

ないがしろになってはいけないんだと思うんです。

 

強けりゃいいんでしょ?って訳にはいかないということです。

スポンサードリンク

殺人未遂じゃないの?

今問題になっているのは横綱・日馬富士が、

前頭8枚目・貴ノ岩の頭部をビール瓶で殴打して

約6週間の治療を要する怪我を負わせた事件です。

 

ビール瓶に限らず飲料の瓶ってかなりの厚みで

世の中には鍛錬の結果の証として叩いて割ったりする人もいますが

一般の人ではそんなことは不可能ですし、

立派な凶器になり得るものです。

 

よく、映画やドラマなどでビールびんで頭を殴打して

瓶がバラバラに割れるシーンがありますが

あれは特殊な細工がしてある、そういった撮影用の道具なんです。

 

割れやすくなっていて、安全性も確保されているんですね。

 

いくら力士といえ頭は鍛えようがありませんから

ビール瓶で殴打されれば一般の人と変わらないダメージを負うでしょうね。

 

頭を強打されれば死に至ることは

普通の人間なら十分わかっていることですよね。

 

それが硬いビール瓶となると

その可能性はグンと上がります。

 

怪我を負わせるつもりはなかったと言っても

それは「未必の故意」になります。

 

「未必の故意」とは

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、

自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、

あえて実行する場合の心理状態。

出典元:コトバンク

この定義からいうと、仮に相手が死亡した場合

相手が死亡する危険性を認識していれば「殺人罪」が適用されるので

今回の騒動についても、「殺人未遂」になる可能性も無きにしも非ずです。

 

と言うか個人的には殺人未遂だと思います。

 

ただ、今の所このビール瓶を使ったかどうかが

色々な証言が入り混じって、本当なのかどうかがわからない状況になってます。

 

同席していた横綱の白鵬関がビール瓶を使ってないと証言してますし

信憑性が薄いですよね。

 

だんだん被害届を出した貴乃花親方の立場も

危うくなってきてますし。。。

 

誰かが嘘の証言をしていることになるので

警察の事情徴収が進んで、早く事実関係を明らかにしないと

相撲界のイメージが悪くなる一方ですから、そんなことにはなってほしくないですね。

 

角界の体質は変わっていない?

角界のこういった暴力関係で記憶に新しいのが

2007年6月の時津風部屋での力士暴行死亡事件ですね。

 

当時17歳だった斉藤俊さん(時太山)が

当時の時津風親方からビール瓶で殴られ、

兄弟子3人からも暴行されてました。

 

翌日のぶつかり稽古の後、

多発外傷性ショックで死亡された事件ですね。

 

元時津風親方は実刑判決、

兄弟子3人は執行猶予付きの有罪判決を受けました。

 

2010年には横綱朝青龍が、

泥酔して知人男性に暴力をふるいましたね。

 

結局、責任を取るかたちで現役を引退しました。

 

 

2015年には宮城野部屋の熊ケ谷親方(元十両金親)が

マネジャーの男性に対する傷害罪で日本相撲協会から解雇されました。

 

1500年以上の歴史があると言われている相撲文化。

 

こうやって形に現れているのは氷山の一角で

おそらくは日常的に暴力による指導はあったんだと思います。

 

これは何も相撲界に限らず

スポーツ界全体の話で、昔はそれも当たり前の世界だったんでしょう。

 

教育の世界で「体罰」が近年問題になってますが

私の子供の頃は「体罰」なんて言葉は無かったし

先生が「メガネを取れ、歯を食いしばれ!」って言って

バシーンとビンタなんて日常茶飯事で

それで怪我したとしても、文句を言う親はいませんでした。

 

今でも体罰は根絶してないみたいですが

そんなことしたら大変な問題になってますよね。

 

時代の流れに伴って世間は変化を遂げてます。

 

良き風習がなくなってしまうこともありますが

何かが生まれて何かが消える。。。

そんな時代の変化の流れを止めることはできません。

 

先月の25日に発生したこの事件は

先月末に被害届を提出しているにも関わらず

約2週間も公になっていないことから

隠蔽しようとしたのではないかと言われています。

 

あくまで憶測として言われていますが。。。

 

おそらくは裏で色々と動きがあったんでは無いでしょうか。

 

そしてどうしようもなくなったので

慌てて公にした感じがありありですよね。

 

角界の体質も表向きは変わったかもしれませんが

本質は何も変わっておらず、政治の世界と同じと言うことです。

 

横綱・日馬富士の性格は?

ファンの間では普段は温厚とのイメージがあるみたいですね。

 

ただ、以前から品格には?がついていました。

 

ガムを噛みながらの取材とか

ダメ押しなどの土俵態度がたびたび問題視されてました。

 

横綱になってからは優等生発言もあり

品格改善に期待も持たれてましたが。。。

 

短気な面があって、

特にお酒が入るとその性格が顕著になるそうです。

 

一旦怒り出したら止められなくなるそうで

度々酒の席での大声で怒ったりといったことがあったそうです。

 

そりゃ横綱ですからね。

 

一旦暴走したら、力士でも止めるのは難しいでしょう^^

 

しかしここでも色々な話があって

彼がこんなことするわけがないと言ったコメントをしている

知人の方もいて、実際のところどうなのかわかりません。

 

ま、何もお酒が入ると性格が変わる人は

そこら中にいますから、特別ってわけじゃ無いと思います。

 

しかし、今回の事件の真相が言われている通りだとすれば

品格といった面から見ると

横綱の品格には程遠いとしか言いようがありませんね。

 

あまりドロドロと長引くと

結局は相撲全体のイメージを下げてしまうことになるので

早く解決して欲しいですね。

 

殺人未遂で執行猶予になる?

まず示談が成立するかどうかですが

貴乃花親方が被害届けを取り下げるつもりはないとコメントしてます。

 

なので、今の所示談の可能性は低いと思います。

 

そうなると、怪我の度合いもポイントになりますが

悪質であると判断されると起訴される場合が高いですね。

 

ただ貴ノ岩側にも不自然な点が残ってます。

 

普通なら暴行を受けて怪我を負った時点で入院ってなるんですが

その後も稽古や巡業に参加してますし、

写真でも怪我をしている様子が見て取れません。

 

被害届を出す間までの期間に何があったのか。

 

このあたりも今後ポイントになってくるでしょうね。

 

仮に起訴されると

今までも殺人未遂で執行猶予になるケースもあります。

 

警察が捜査を進めていく上で詳細がわかってくると思いますが

暴行の度合いが悪質となれば執行猶予がないかもしれませんね。

 

ビール瓶で殴打、馬乗りになって20発以上殴りつける。。。

 

そこまでに至った理由はさておき、一般的には十分悪質だと思います。

 

本当だったらの話ですが。

 

スポンサードリンク

まとめ

相撲ファンの方々にとっては非常に残念なニュースですね。

 

しかし、「相撲の世界じゃありえるよ」では済まされない話ですから

然るべき対応が問われるでしょう。

 

今、相撲ブームの再来と言われていて

角界が盛り上がろうとしている最中の出来事で非常に残念です。

 

「正義なき力は暴力」と言います。

 

力士は一般人とは違いかなりの力を持っています。

 

だから尚更その力の使い方には気をつけて欲しいですね。

 

それが「品格」の部分に繋がっていると私は思います。

 

いずれにせよ、早く事実関係を明確にして

相撲界のためにも、あまりドロドロしない解決を祈ってます。

 

では、またお会いしましょう!


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ