米テキサス教会銃乱射男の犯行理由は?トランプ大統領は帰国する?

この記事は4分で読めます

どうも kakisanです。

 

今朝も冷えますね。

 

持病の腰痛で、布団から出るのが辛いです><

 

冷え込むと体のあちこちが硬くなって

あったまるまで時間がかかりますね。

 

皆さんもポケットに手を入れてると

転倒して怪我するかも分かりませんから

手袋とか防寒対策をバッチリで出掛けましょうね。

 

朝のニュースを見ていると

また海外で悲惨な事件が発生しましたね。

 

米テキサス州の教会で男が銃を乱射して

27人が死亡されたとのことです。

 

さらに24人が負傷してますので

今後死者の数が増えてしまうかも知れません。

 

当時、教会では日曜礼拝が行われていたので

神聖な空気の中、信者は熱心に礼拝していたんでしょうね。

 

教会といえば神聖な場所で

キリスト教徒の方々からすればそんな場所で

27人もの死者が出たなんて耐えられないでしょうね。

 

アメリカの銃規制問題は

過去からこんな事件が発生するたびに議論されるんですが

一向に規制されることがないですね。

 

州ごとにちょっとした規制に関する差はあるみたいですが

事件の起きたテキサス州サザーランドスプリングスは銃器保持支持の州で有名で、

「オープン・キャリー」と言って人の目にわざと見えるようにして

拳銃を携行することが認められてます。

 

145年ぶりに規制が緩和されてのことなんです。

 

全米で最も銃を所有しやすい環境にある州なんですね。

 

拳銃だけじゃなく、大型のナイフなども規制が緩和されてるそうです。

 

もちろん娯楽施設とか学校などへの持ち込みは禁止になってますが

日本人からすれば、なんとも恐ろしい環境ですね。

 

ま、自己防衛の意味もあるんでしょうが

武器には武器をって発想は、核には核をって発想に似てます。

 

宗教施設への持ち込みも当然ながら禁止なので

今回の教会での銃乱射は、持ち込んだ時点でアウトです。

 

果たしてこの乱射男はどんな人間で

理由はなんだったのか気になりますね。

 

調べて見ました。

スポンサードリンク

起こるべくして起こった?

先ほども書きましたが、「オープン・キャリー」が認められた

全米で最も銃を所有しやすい州と言われているテキサス州ですが

なぜそんな規制緩和がされたのか。

 

街中で腰にナイフや拳銃をぶら下げ輝人が普通に歩いてるわけです。

 

もちろん護身用として見せることで

犯罪を抑止できるとの考えなんでしょうが

果たしてどうなんでしょうね。

 

これほど武器が浸透している州では

ある意味仕方がない方法なのかも知れません。

 

もうすでに銃器を所持する権利を主張してますから

この流れは変えようがないんでしょうね。

 

しかし、今回の乱射事件によって

護身用として所持できないような場所に

狂気の人間が銃器を持って入ってきてますから

護身も何もないですよね。

 

おそらくあっという間の出来事で犠牲になった方々は、

なす術なく銃弾に倒れてしまったんだと思います。

 

銃を規制できない以上、このような惨劇が起きる可能性は

ゼロになることはありません。

 

本当に心が痛くなる事件ですね。

 

どんな男なの?場所の画像は?

画像が無いか調べましたが、現段階では出てこなかったですね。

 

この男、銃乱射の後は短時間の逃亡後に死亡したと報じられています。

 

警察によって射殺されたのか、逃げられないと自殺したかは不明です。

 

色々な可能性を含めて操作してるんでしょうが

テロをするには場所的にもっと街中の繁華街を狙うでしょうから

テロの可能性は低いように思いますね。

 

場所を調べてみました。

出典元:Google Map

 

見た感じでは田舎な感じがしますね。

 

 

 

数年前にサウスカロライナ州で歴史的にも有名な黒人教会で、

白人至上主義者が銃を乱射し9人が死亡する事件も起きてます。

 

今回の境界がそうであったかどうかは分かりませんが

テロでなかったら、このような過去からのしがらみが影響しているか

もしくは自己中心的な無差別殺人なのか。。。

 

犯行後に逃亡しているってことですから

悪いことをしていることはわかっているみたいです。

 

教会の牧師の娘(14)や、6歳の男児も犠牲になってますし

中には2歳児も負傷しているとの情報もあります。

 

何れにしても情報が少ないので犯人像が特定できないですけど

絶対に許せない犯行ですね。

 

トランプ大統領は帰国する?

今、来日されているトランプ大統領ですが

「テキサスのサザーランドスプリングスの人たちに神のご加護がありますように。

FBIと警察が現地にいる。日本から状況を見守っている」とツイッターに投稿しました。

まぁ、彼が緊急で戻ったところで

どうにかなるってわけじゃ無いですからね。

 

帰国しないでしょう。

 

日本を皮切りにアジア歴訪が続きますから

そのまま外交を進められると思います。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

悲惨な事件ですが、犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

 

武器によって犯罪を抑止する世界は寂しいところですが

2度とこんな悲劇が起こらないような対策を考えて欲しいですね。

 

では、またお会いしましょう!


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ