カズオ・イシグロ(ノーベル文学賞)経歴や作品は?嫁や子供は?

この記事は2分で読めます

どうも kakisanです。

 

今ノーベル賞が話題になってますね。

 

昨年は日本人で生理学・医学賞を

大隅良典さんが受賞されて話題になりました。

 

今年も日本人が受賞するのかどうかがTVでも流れてました。

 

やっぱり同じ日本人が受賞すると

嬉しいですよね。

 

今までで27人の方々が受賞されてるそうです。

 

28人目は誰になるのか。

 

予想では文学書で村上春樹さんではないかと

みんなが願ってたんですが。。。

 

残念ながら受賞には至らなかったですね。

 

では誰が受賞したのか。

 

カズオ・イシグロさんが受賞されました。

 

そう、この方は日本生まれのイギリス人なんです。

 

顔はどう見ても日本人なんですよ。

 

一体どういう経歴なのか気になりますよね。

 

調べて見ました。

スポンサードリンク

プロフィール

生年月日:1954年11月8日(62歳)

出身地 : 長崎県長崎市

職  業:小説家

国  籍:イギリス

 

出身地が長崎県で国籍がイギリス?

ってなりますよね。

 

長崎県で生まれ、お父様の仕事の関係で

5歳でサリー州・ギルドフォードに移住、

1982年に英国籍を取得されてるんです。

 

日本人ですけど5年しか住んでいなく

残りの人生はイギリスで暮らしていたわけですね。

 

話される言葉も英語です。

 

1978年にケント大学英文学科、

1980年にはイースト・アングリア大学大学院創作学科を卒業されてます。

 

当初はミュージシャンを目指していたそうですが

文学者としての道を歩まれたんですね。

 

自身でデモテープを作成して

レコード会社に送っていたそうですよ。

 

1982年に処女作『女たちの遠い夏』を出版。

 

英国に在住する長崎女性の回想を描いた作品です。

 

後に『遠い山なみの光』として日本版が出版されます。

 

王立文学協会賞を受賞し、9か国語に翻訳されてます。

 

1989年、第3作となる『日の名残り』でブッカー賞を受賞。

1993年には英米合作のもと映画化されました。

 

2005年出版の『わたしを離さないで』。

ブッカー賞の最終候補に選ばれ、この作品も後に映画化されてます。

 

やっぱりノーベル賞を受賞されるだけの

素晴らしい作品を残されてるんですね。

 

音楽の道に進んでいれば

どういう人生だったんでしょうね^^

 

それはそれで素晴らしい人生だったんでしょう!

 

家族は?

情報は出てこないですがご結婚はされてます。

 

現在はご自宅の前に報道陣が集まっていて

奥様の話も聞いたとのことなので

ご結婚されてるのは間違い無いですね。

 

もし、お子さんがいらっしゃったとしても

すでに独立されてるでしょうね。

 

さらに調査してわかり次第追記しますね。

 

スポンサードリンク

まとめ

日本の血が流れている人が受賞されて

日本人が受賞されたと同じくらい嬉しいですね。

 

文学好きの方のコメントでは

とても綺麗な文章を描かれる方だそうです。

 

翻訳されていても違和感がなく

作品としても素晴らしいみたいですね。

 

これから話題になって行かれるんでしょうね。

 

では、またお会いしましょう。


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

初心者向け格安スポットコンサル!!

格安スポットコンサルのご案内です。

ブログを始めるお手伝いをします。

詳しくは画像をクリック!!

kakisanのプロフィール

 

大阪在住の脱サラブロガーのかきさんです。

ブログで副業をお考えの方に情報を発信してます。

・おこずかい稼ぎ

・内職の代わり

・パートの代わり

などなど小さな目標からやってみませんか?

 

必ず達成できますよ^^

 

関西、特に大阪のそんな方達とコミュニケーションができればなぁと思ってます。

 

気軽にコメントいただければ嬉しいです!

 

かきさんのモットー

「数万収入の副業で高額コンサル不要!」
「ノウハウと時間で月収10万は達成!」
「達成してから高額コンサルを検討する!」

2018冬ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

カテゴリ