トットちゃん(ドラマ)相関図や原作は?出演者やストーリーも!

この記事は7分で読めます

どうも kakisanです。

 

皆さんは黒柳徹子さんと聞いて何をイメージされますか?

 

黒柳徹子さんといえば、

「徹子の部屋」ですよね。

 

徹子の部屋には色んなゲストの方が来られていて、

歌姫レディー・ガガもゲスト出演しています!

 

そのときの衣装は徹子さんの玉ねぎヘアーを真似たような

黒い玉ねぎ型のコスチュームで話題になりましたよね。

 

どんなゲスト相手にも臆することなく

徹子ワールド全開な徹子の部屋では

よく芸人さんがネタを潰されて

「オチを先に言わないで・・・」と嘆いていますね(笑)

 

大物芸能人の方とのトークも

徹子節炸裂で見ているこちらがヒヤヒヤしたりするほどです!(笑)

 

しかし言葉遣いなどはとても丁寧で

決して失礼な言葉遣いをしているわけではないのです。

 

品のある、とてもストレートな言葉、というような感じですかね^^

 

そして徹子さんって魔女なんじゃないか!と思うくらい全く老けなくて、

髪型や化粧だけでなく、トークなどでも独特な雰囲気を持っていて

徹子さんを見ていると

いつの間にか徹子さんの世界に引き込まれてしまいます。

 

 

10月2日から始まる帯ドラマで「トットちゃん!」では

徹子さんのことが色々と知ることができます^^

 

徹子さんついにドラマになってしまうんです!

すごいですよね!

 

ま、実は過去にも徹子さんのドラマは

放送されてるんですけどね。

 

昨年は満島ひかりさんが演じてましたが

連続7回のドラマでした。

 

今でも生きる伝説と化している徹子さんの

半生がすごくて感動したのを覚えてます。

 

そんな徹子さんだからこそ

ドラマ化されたんだなと思います^^

 

それくらいあっと驚くこと満載なドラマになっていると思います!

 

今回は「トットちゃん!」のキャストや原作、

見どころについても調べてみました!

 

 

「トットちゃん!」の原作は?

http://www.tv-asahi.co.jp/totto/intro/

 

「トットちゃん!」は

黒柳徹子さんとその家族の激動の昭和史を描く物語になっています!

 

その中には黒柳徹子さんの著書「窓際のトットちゃん」から

エピソードを抜粋し、ドラマにしているということです。

 

皆さんは「窓際のトットちゃん」を読まれましたか?

 

黒柳徹子さんの幼少時代が書かれているのですが、

そのころから徹子さんはすでにご自分のワールド全開で

え!?と思うことの連続です。

 

徹子さんってこのような人だったんだ!

こんな人たちに囲まれて育ってきたんだ!と

黒柳徹子さんのことが良く分かるドラマになっていると思います^^

 

 

「トットちゃん!」のキャストは?

○主演

清野菜名 黒柳徹子役

 

ヒロインの“トットちゃん”。

自由奔放で好奇心旺盛。

 

戦争に翻弄された子供時代、戦後の激動を乗り越え

音楽学校へ進み、テレビジョンの世界に飛び込んでいく。

 

可愛いですねー!

徹子さんの奇抜な玉ねぎヘアーをしても

違和感なく可愛い髪型だと思わせる清野さんはすごいと思います!

とても可愛い徹子さんが見られますね^^

 

 

豊嶋花 黒柳徹子の幼少期役

 

トットちゃんの幼少期を演じる。

 

幼い頃、まだ自分の名前がうまく言えなかったときに

“トット”と言い続けていたことから、このあだ名がついた。

 

 

松下奈緒 黒柳朝役

 

徹子の母。旧姓は門山。

 

女優にスカウトされるほどの美女。

 

ゆくゆくは婿を取り、北海道の無医村にある父・周通の医院を継ぐという約束で

東京の音楽学校に通い、声楽を学んでいた。

 

しかし、ある日守綱と出会い、電撃的に同居生活を始めてしまう。

 

繊細で経済観念のまるでない夫・守綱を支える気丈な妻。

 

 

山本耕史 黒柳守綱役

 

徹子の父。

 

日本を代表するバイオリニストである。

 

第九の演奏会で、朝に一目惚れし、プロポーズする。

 

ただひたすらに妻・朝とバイオリンを愛する自由人で、

真の芸術家である。

 

第二次世界大戦末期、招集を受け、満州に送られる。

 

 

 

伊藤駿太 黒柳明児役

 

徹子の弟。

 

徹子と違っておとなしい性格で、

幼い頃から父・守綱の厳しいバイオリンレッスンを受ける。

 

 

ロッキー

 

黒柳家で飼っているシェパード。

徹子にとって“親友”であり、よき“話し相手”。

 

動物もののドラマではないのに

ワンちゃんまでキャストに入っているのは

なかなか珍しいパターンですね!

 

 

高田純次 井上宏役

 

朝の母・三好の弟。朝の母方の叔父。

 

音楽学校に通っていた朝を、麹町の自宅に下宿させていた。

 

新聞社の経理部に勤めている。

 

 

八木亜希子 井上えつ役

 

宏の妻・朝の叔母。

 

「女は男に仕えるべきという封建的な家制度を嫌い、

朝と守綱の駆け落ちを応援する。

 

 

佐藤B作 門山周通役

 

朝の父。

 

大学での立身出世を捨て、北海道の無医村に医院を開いた志高き医師。

 

村に医療の道を開いた功績から、

周囲の尊敬を集めている。

 

村のためにも、娘の朝は婿をもらって医院を継ぐのが定めだと信じて疑わない。

 

 

古村比呂 門山三好役

 

朝の母。周通の妻。

 

夫・周通にひたすら尽くす。

 

 

山下容莉枝 河合茂子役

 

朝の父・周通が院長を務める“門山医院”の看護師。

 

周通を信奉しており、三好には慇懃無礼な態度を取る。

 

 

本多力 児玉久興役

 

医師。周通が決めた、朝の婚約者である。

 

朝と結婚して“門山医院”を継ぐはずだった・・・。

 

 

小澤征悦 シイナさん役

 

本名は椎名昭造。

 

朝と守綱が結婚生活をスタートするアパート、“乃木坂上倶楽部”1階で

喫茶店を営んでいる。

 

父はインド人、母は日本人というインドと日本のハーフだが、

父親に認知されず、母の姓を名乗っている。

 

トレードマークは立派な口ひげ。

 

 

高岡早紀 伊藤華子役

 

日本初の国際的建築家の未亡人。

 

若き日に夫と出会い、共にパリに渡ったが、

夫が病に倒れたため帰国。

 

現在は乃木坂上倶楽部でひとりで暮らしている。

 

よき時代の思い出を胸に秘めながら、画家として生きている。

 

ヨーロッパの自由な考え方を身に着けており、

俯瞰で世の中を見つめる大人。

 

 

新納慎也 ダニー市川役

 

乃木坂上倶楽部の住人で社交ダンスのダンサー。

 

伯爵令嬢の恵美子(エミー)と駆け落ちして渡米。

 

本場のダンスを極めて帰国し、貴族院議員の子息令嬢にダンスを教えている。

 

 

凰稀かなめ エミー市川役

 

社交ダンスのダンサーである夫・ダニー市川と2人で

乃木坂上倶楽部で暮らしている。

 

元は伯爵令嬢、有澤恵美子。

 

親の反対を押し切ってダニーと駆け落ちし、アメリカへ。

 

2人で本場のダンスを極めて帰国し、自らもダンサーとなった。

 

 

黒坂真美 上原かなえ役

 

乃木坂上倶楽部の住人。

 

浅草とんぼ座の女優。夫・富夫は座付き作家。

 

 

隈部洋平 上原富夫役

 

かなえの夫。

 

浅草のとんぼ座の座付き作家で、後にラジオドラマの脚本も

書くようになる。

 

 

竹中直人 小林宗作役

 

トモエ学園校長。徹子の人生に多大な影響を与えた人物。

 

「きみは、本当はいい子なんだよ!」とトットちゃんにいつも語りかけていた。

 

戦前には珍しい個性を伸ばすユニークな教育法を実践していた。

 

とても大事な役ですが

竹中直人さんが演じられるなら間違いありませんね^^

 

 

宮崎香蓮 三輪康子役

 

徹子が通うトモエ学園の新任教師。

 

軍部の言いなりになってきた尋常小学校の教育に耐えられず、

高い理念と情熱を持って小林校長のもとにやってきた。

 

 

横山歩 福元郁夫役

 

トモエ学園の児童。

 

小児麻痺により手と足は不自由だが、読書家で物知り。

 

徹子にテレビジョンの存在を最初に教えてくれた人物。

 

 

ささきゆうた 菊池幸司役

 

トモエ学園の児童で、徹子の初恋の相手。

 

物理学者を夢見る理系男子。

徹子は毎日、幸司の鉛筆を削ってあげるが・・・。

 

 

 

登場人物はたくさんいますね!

豪華キャストで見応えがあります^^

 

徹子さんが幼少期を過ごす中で

たくさんの人と関わってきたことが分かりますね。

 

実話なので、登場人物もドラマの中のキャラクターではなく、

実際に徹子さんが出会ってきた人々だと思うと

なんだか不思議な感じがします。

 

このような方々と関わり合いながら

今の黒柳徹子さんがいらっしゃるのですね。

 

その方がどんな人生を送ってこられたのかを見ることができるのは

なかなかないことなのでドラマ化はすごいことですよね。

 

懐かしいな、こんなこともあったな、

こんなことあったかな?と

徹子さんも振り返ることができますね。

 

ドラマ化はなんだか照れくさいような感覚あるのかな?と思いました^^

 

この後にもたくさんの方が登場してきますので

登場人物を整理しながら見ていくといいですね!

 

「トットちゃん!」の見どころは?

 

見どころは、

「窓際のトットちゃん」のエピソードにもある

トモエ学園でのトットちゃんの過ごし方ですね。

 

本当にびっくりするようなことを

たくさんしています。

 

トットちゃんはとても個性的で

あらゆる言動は想像を超えてきます。

 

そんなトットちゃんへの

先生の素敵な指導法も見どころだなと思います!

 

家族のことも描かれているので、

徹子さんのご両親を取り巻く環境や

人間関係がどうなっていくのかも見どころです。

スポンサードリンク

まとめ

 

「トットちゃん!」で

黒柳徹子さんご本人が納得するような作品に

なるといいなと思います!

 

ドラマを見ると、

黒柳徹子さんのことが良く分かり、

 

イメージが変わる方もでてくるのでは?と思います^^

可愛いトットちゃんをぜひ皆さんご覧ください!

 

放送開始を楽しみにしています♪

 

では。またお会いしましょう!


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ