奈良岡功大(バドミントン)経歴や高校は?未来モンスターに登場!

どうも kakisanです。

 

スポーツの秋がやってきますね。

 

皆さんはスポーツが好きですか。

 

私は激しいのは無理ですが、体を動かすのは好きです。

 

決して運動神経が良いわけではないですよ^^

 

あくまで適度に動かすのが好きなんです。

 

スポーツは本格的にやると激しくなりますもんね。

 

そんなスポーツに青春をかけてる人たちも

沢山いらっしゃいます。

 

例えば高校野球もそうですね。

 

若いっていいなぁってつくづく思います。

 

若さは2度と戻ってこないんですよね。

 

私ももっと体を鍛えておけばよかったなぁと反省してます^^

 

スポーツの中にはあまり激しく見えなくても

実際やってみるとかなり激しいスポーツもあります。

 

ま、全般的にスポーツは激しいんですけど。。。

 

バドミントンって皆さんやったことありますか。

 

バドミントンセットって安く売ってて

土日に親と公園でやったって人多いんじゃないですか。

 

激しくしなければ誰でも気軽に出来るスポーツです。

 

でも本格的にやるとかなり激しいスポーツで

急速については初速ですが時速400キロ近いらしいです。

 

羽の抵抗で減速しますけど

それがなかったら人間の目では捉えることはできないですね。

 

そんなバドミントンに青春をかけている高校生がいます。

 

その名は奈良岡功大さんで高校生の未来モンスターです。

 

彼の経歴など調べてみました。

スポンサードリンク

プロフィール

 

生年月日:2001年6月30日

現在16歳の高校1年生です。

 

出身地:青森県

身 長:171cm

 

浪岡南小学校、浪岡中学校、浪岡高校と進学し

ナショナルメンバーに所属してます。

 

バドミントンは5歳の頃から始めて

小学校の時に頭角を現し始めます。

 

お父様が地元のバドミントンクラブや

中学校の指導者として活躍されてます。

 

このお父様の影響が大きいんでしょうね。

 

強い選手は親の影響を受けている方が多いですからね。

 

幼い頃から英才教育を受けてたんだと思います。

 

小学校時代は4年生から6年生まで

全国大会を3連覇しており将来を有望視されました。

 

中学校に入ると全日本総合選手権に出場します。

 

その時13歳で、もちろん最年少での出場となりました。

 

オリンピック選手も出るような、国内最高峰の試合にですよ!

 

1回戦を勝利で飾りましたが、残念ながら2回戦は敗退しました。

 

しかし、その試合内容はすでに中学生離れをしていて

注目を浴びました。

 

そんな彼が全国の中学校大会に出場したんですが

すでに中学生の枠に収まらない彼ですから

当然ながらシングル、団体両方で優勝します。

 

それを皮切りに、中学校時代は3連覇を果たすことになります。

 

小学校に続き中学校でも3連覇ってすごいですね。

 

史上初の快挙だったそうです。

 

バドミントンの強い高校からオファーがあったと思いますが

彼は地元の浪岡高校へ進学しました。

 

当時強かった他の選手も同じ高校へ進学したのいで

浪岡高校のバドミントンのレベルは格段に上がるでしょうね。

 

東京オリンピックに出場できるか

2020年で19歳ですから年齢的には大丈夫じゃないでしょうか。

 

各団体で制限があるみたいですね。

 

15歳では過去にも出場できた選手とできない選手がいましたしね。

 

ただ、実績という点ではこれからということになります。

 

どんな種目でも、いくら天才でも

選考会で「才能あるし」だけでは選ばれませんから。

 

それなりの実績が必要です。

 

彼の場合はナショナルチームBですから

今後の1、2年で実績を積み重ね

きっと選ばれることでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

未来の目標に向けて頑張っている人は輝いてますね。

 

眩しすぎて直視できません^^

 

2度と戻らない青春時代をかけて頑張ってるんですから

栄光を掴み取ってもらいたいですね。

 

2020年のオリンピックが楽しみです。

 

応援しちゃいます!

 

では、またお会いしましょう!

スポンサードリンク





カテゴリ