箕面の滝紅葉の見頃はいつ?駐車場や休日交通規制についても!

この記事は5分で読めます

どうも kakisanです。

 

2017年も夏が過ぎ去り、

だいぶん涼しくなってきました。

 

今年は台風の影響もあって、行楽を楽しむ機会が少ないですね。

 

しかも超大型の台風が立て続けですから

週末の予定をキャンセルした人も多いんじゃないでしょうか。

 

だんだんと気候がおかしなことになってますね。

 

これも環境破壊の影響でしょうかね。

 

さて、秋といえば「食欲」「スポーツ」といった
感じですが、おじさん(私^^)からすると
やはり「紅葉」が楽しみです。

 

真っ赤な紅葉が癒されるんですよね。

 

あ〜日本人でよかったと思える1つの行事です。

 

紅葉といえば全国各地で名所なるものが存在します。

 

私は大阪在住なので、

関西地方の紅葉を見に行くことが多いんですが

色々な場所に行って見たいもんです。

 

先立つ物がないのでなかなか遠出ができてません^^

 

しかし、大阪にも紅葉が綺麗な場所があって

しかも全国的に有名なところがあるんですよ。

 

今回はそんな大阪の紅葉の名所をご紹介しますね。

スポンサードリンク

大阪の観光名所「箕面の滝」

 

私は大阪在住でして、大阪で有名な紅葉スポットは
色々あるのですが、個人的に近いということもあって
「箕面(みのお)の滝」をお勧めします。

 

大阪府(北部)箕面市にある963ヘクタール

(東京ドーム約205個分)の広さを持つ

明治の森箕面国定公園の一角に位置している

「箕面公園」の一部なんですが、秋だけでなく

年間を通して自然を感じることのできる自然公園です。

 

1986年には「森林浴の森100選」にも選ばれてるんですよ。

※もちろん言うまでもなく「日本の滝100選」にも入ってますけどね^^

 

その中でも箕面の滝は有名で、年間約200万人の観光客が訪れるそうです。

 

特に外国人の方も見かけるようになりましたね。

 

ニホンザルが生息している

 

あと、ニホンザルが生息してまして、

ちょくちょく山から下りてます。

 

正月になると、駐車場の車両に「正月飾り」の

みかんを食べに降りてきている場面に遭遇した事もあります。

 

 

ピークはH18年くらいで、今はあまり見かけなくなりました。

 

この箕面山自然動物公園箕面山は昭和31年に開園されてて

目的はニホンザルの研究と観光なんです。

 

大都市近郊で、しかも野生のニホンザルは貴重でですから

天然記念物としても指定されてます。

 

しかし、サルは賢い動物ですから

餌付けによって慣れてしまい、

人間を怖がらなくなってしまいました。

 

そのうちに山を降りて人家に侵入したり

土産物店を荒らしたりするようになって

観光目的だあったのに、その観光客に飛びついたりするなど、

被害が増大し大きな社会問題となりました。

 

私も威嚇されたことがありますがかなり怖いですよ。

 

サルって賢いなぁと思ったのは、ゴミかごあるじゃないですか。

 

あのブラブラと揺れるやつです。

 

あれに飛びかかって、揺れる勢いをつけて

出てきた餌を取るんですよ。

 

餌を採った後も逃げるわけではなく、

人間がいようとお構い無しで何度も繰り返すんです。

 

人間なんて怖くなくなってるんですね。

 

そして昭和52年4月に

箕面山自然動物園は閉園することになったんです。

 

その後は餌付けもしなくなった効果もあって

自然の餌を求めて徐々に山に帰って行ったんですね。

 

しかし観光客は可愛さのあまり

ついつい餌を与えてしまうんですね。

 

気持ちはわかりますが、

それがサルの被害を助長することになるんです。

 

そこで箕面市は「箕面市サル餌やり禁止条例」を

平成22年4月1日から施行しています。

 

だから皆さんも猿への餌やりは

条例違反になるということを覚えておいてくださいね。

 

アクセスや駐車場、交通規制は?

 

お車で行かれる場合は、箕面駅近隣の駐車場に停めて

散策がてら歩くことになります。

 

滝の近くに駐車場があるんですが

台数が70台と少ないので、おそらく期待しない方が良いです。

 

体力的に困難な方はタクシーもありですが、

11月の土日、祝日は一方通行の交通規制もかかり、

非常に混雑しますので、お金がかかります。

 

あと交通規制に関しては

11月に入ると、箕面ドライブウェイ(府道43号豊中亀岡線)が

土・日曜日に一方通行規制がかかります。

 

同じ道を帰って来られなくなりますので

あらかじめ道を確認しておいた方が無難です。

詳細は箕面市HPをご覧ください。

 

それと箕面ドライブウェイは

自動2輪は終日通行禁止になってますのでご注意下さい。

 

 

夏の暑さでダメージを負った体と心を癒しに

自然いっぱいの箕面市に紅葉を見に行ってみてはいかがでしょうか^^

 

以下にアクセスについてご紹介しますね。

 

詳細情報

紅葉の時期に近づくと、

下のサイトで「紅葉状況」を知ることができます。

箕面公園公式サイト

箕面市ホームページ

 

2017年の台風21号の影響で

山間部の倒木などで、道が荒れているみたいです。

 

紅葉の時期までには復旧されるでしょうが

引き続き台風22号も近づいてますので

復旧が終わるまでは、

単独で山の中を散策などは行かない方が良いですね。

 

しっかり上記のサイトなどでチェックしてからにしましょう。

 

2017年紅葉の見ごろ 気象協会発表(日直予報士)

全国的には平年並みか遅い予報ですね。

気温の寒暖差があまり大きくないのが原因みたいですね。

 

大阪では11/20頃が見頃のようですね。

 

おまけ

お車でも行けますが、

私のオススメは箕面駅から散策をしながら歩くことです。

 

ゆっくり歩いても1時間かからないと思います。

 

登りきって、滝を見て、箕面ビールで一杯...

 

あ、その時の”あて”として「紅葉天ぷら」をお勧めします!

※こんなやつです!
images-1

もみじの天ぷらで、美味しいですよ。

 

あと、体力的に余裕があればですが...

 

さらに東に2〜3km歩くと

「勝尾寺」というお寺があり、勝運向上のお寺で有名です。

ここの紅葉も絶品です。

 

google画像

 

体力と相談して、無理せず、

余裕を持ったスケジュールで、紅葉を楽しみましょう!

 

勝尾寺のライトアップもある

勝尾寺では期間限定で夜間のライトアップもされてます。

 

これがまた幻想的な世界が広がって見事の一言です!

 

ただ、夜間はバスなどの交通機関がないので

自家用車でしかいけません。

 

ここが辛いところでもあるんです^^

※だってお酒飲みながら紅葉楽しめないから。。。

 

時間は日没〜19:30までと短い間ですが

この時期なら2時間は楽しめるでしょう。

 

一度見ておいて損はありません!

 

お酒を飲まない人を運転手に引き連れて

行って見てはいかがかと思います。

 

※あとで、運転手代として晩御飯でも奢ってあげてください^^

 

11月初旬から30日までの土日となってますので

一度確認をされてから行くようにしてくださいね。

 

勝尾寺HP

 

このHPにも紅葉の写真がありますが

ライトアップされていてとても綺麗です。

 

スポンサードリンク

まとめ

大阪北部での観光名所「箕面の滝」ですが

紅葉はもちろん、滝の大きさも見どころです。

 

それと紅葉天ぷらや箕面ビールと

食に関しても満足できます。

 

今年の紅葉はぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

 

あと遠方から宿泊でこられる場合は

近隣のホテルや箕面の滝以外の遊び場など

記事にしてますので参考にして下さい。

 

箕面の滝(紅葉)近場ホテルや旅館は?アクセスや観光情報も!

 

今年も終わりに近づきましたが

寒い冬の前に紅葉やレジャーを楽しんで

良い思い出を作って下さいね。

 

何か発見があればコメントお待ちしています^^

 

では、またお会いしましょう!

 


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ