富士急ハイランドのドドンパ廃止の理由は?リニューアルはいつ?

この記事は2分で読めます

富士急ハイランドのドドンパが2016年10/2に営業休止になって半年以上経過しました。
やっとNEWドドンパの情報が開示されましたね。
その名も「ド・ドドンパ」
さらなる進化を遂げての再登場に興奮しますね。
なんと「スピード」「加速力」「ループ直径」で日本一のアトラクションになります!

スポンサードリンク

どうも kakisanです。

 

富士急ハイランドの「ドドンパ」が2016年10月2日をもって、営業を休止してからはや半年以上が経ちましたが、やっとNEWドドンパの情報が発表されました。

 

営業を休止したのは「全く新しいスリルをお届けすることを目指して、来年7月にコースレイアウトをリニューアルして生まれ変わるため」だったので、もちろん更なるパワーアップを期待しておりました。

 

富士急ハイランドといえば、絶叫系のアトラクションが多く、リピーターも多くいらっしゃいます。

 

ただ、乗り物の人気に比例して非常に待ち時間が多いのも有名ですね。

 

これで、また待ち時間が多くなりそうですが、仕方ないですね^^

 

フリーパスは必携で、夏休みは富士急ハイランドに行くしかないでしょう!

富士急ハイランドは言わずと知れた絶叫系で、世界1のアトラクションが14個もある事で有名です。

※青字がギネスに登録されてます。

ジャイアントコースター昭和41年~平成8年
コースの長さ:1,380m

att01

スケートリンク昭和44年頃
5つのリンクの
氷上総面積:26,500m²

att02

ムーンサルトスクランブル昭和58年~平成12年
高さ:66m
最高時速:105km
最大過重力:6.5G

att03

FUJIYAMA平成8年~
高さ:79m
最大時速:130km
巻き上げの長さ:71.5m
最大落差:70m

att04-1

戦慄迷宮平成10年~平成14年
歩行距離:500m

att05

超・戦慄迷宮平成15年~平成19年
歩行距離:700m

att07

ええじゃないか平成18年~
総回転数:14回

att08

高飛車平成23年~

最大落下角度:121度

att09

ドドンパ平成13年~

最高時速:172km

att06

この「ドドンパ」は平成13年からと比較的若いアトラクションですが、スタートからわずか1.8秒で時172km到達という世界最速のコースターでした。

 

・スタート直後のゼロGフォール(無重力体感ゾーン)
・身体が真横に傾いた形で疾走する大カーブ
・高さ52メートルの垂直タワー
などを有する富士急ハイランドの中でも屈指の人気を誇るアトラクションです。

img_3

どのようなリニューアルになるのかの全景やコースは現時点では明かされてませんが、2017年7月15日(土)に「世界最大級のループ」が初お目見えになるわけです。

 

昨年の10月2日までの期間で、ドドン!と8(パ)回乗車した人は事前の試乗会に招待されるはずですので、もしよければどんな漢字科コメントいただけるとうれしいですね^^

今わかっている情報は

ループ直径 : 39.7m(世界最大 ※アメリカのギネス記録取得ループ直径38.75m超え自社調べ)
ループ高さ : 地上約49m
最高速度  : スタート1.56秒で180km/h
※旧ドドンパ最高速度172km/h
全  長  : 1,244m(旧ドドンパ1,189m)
乗車定員  : 8名
利用制限  : 身長130cm~
年齢制限  : 10歳~64歳

出典元:富士急ハイランド

いや〜進化してるじゃないですか^^

スポンサードリンク

まとめ

また泡棚富士ハイの伝説が始まろうとしてますね。

 

全国のテーマパークって減少の一途を辿ってるじゃないですか。

 

でも、こうやって新たに挑戦し続けるって素晴らしいですね。

 

これは今から周辺ホテルを予約して、ゆっくりした工程で家族で楽しむのも良いですね。

 

人は多いでしょうから、日帰りだとお父さんお疲れ状態でしょうけど、無理な行程で事故などないように余裕を持って楽しみましょうね。

 

私も今から周辺ホテルでも探そうかな。。。もう遅いかな^^

 

では、またお会いしましょう!

 


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ