市川由紀乃(演歌歌手)結婚や旦那子供は?歌の動画についても!

この記事は5分で読めます

どうも kakisanです。

 

8月17日(木)の12時からテレビ朝日で放送される

「徹子の部屋」に出演する演歌歌手の

市川由紀乃さんをご存じでしょうか。

 

幼い頃から「のど自慢荒らし」と呼ばれ、

17歳で歌手デビューした市川さんですが

デビュー10年目を迎える直前、

燃え尽き症候群となり、自ら歌手活動を止めたそうです。

 

音楽から離れてバイト生活を送っていましたが

脳性マヒだったお兄様の励ましで歌手復帰を果たしました。

 

また女手一つで育ててくれたお母様からの手紙が

紹介される場面もあるようです。

 

昨年初の紅白歌合戦出場を果たし、

オリコン演歌・歌謡曲チャートで1位獲得の常連でもある市川さんなので

その生い立ちなどについてはご存じの方も多いかもしれませんが、

改めて市川さんのプロフィールなどに迫ります。

 

【市川由紀乃のプロフィールとは?】

市川由紀乃(いちかわゆきの)

本名:松村真利(まつむらまり)。

1976年1月8日生まれ、埼玉県さいたま市出身。

キングレコード所属。所属事務所はプライム。

身長170.5cm。血液型A型。

 

かなりの長身で写真や映像を見ても

頭身が高くて顔が小さく見えますね。

 

もっともご本人は久しぶりに会う人から

また背が伸びた?と言われるのを気にしているそうです。

 

171cmと言わずに170.5cmと言っているところにも

そんな意識が垣間見えますね。

 

作曲家・市川昭介さんの弟子で芸名の市川も頂いたそうです。

 

趣味は妄想。

好きな映画「箱入り息子の恋」

好きな街:京都

好きな花:なでしこ、サクラソウ

マイブーム:通販・お取り寄せ

尊敬する人:長嶋茂雄

 

好きなものや尊敬する人などのチョイスがなんとも渋いですね。

演歌歌手だからというわけではないのでしょうが。

 

趣味が妄想って、自分が身長が低くて

かわいい女の子扱いされる場面でも想像しているんでしょうかね。

 

現在のところ結婚しているという情報はなく、

彼氏の存在なども明らかになっていません。

 

若く見えますが年齢的には結婚していてもおかしくはないのですが、

今は歌手活動に専念ということでしょうか。

 

◎経歴

子供の頃から唄が好きで

16歳の時に埼玉新聞社主催のカラオケ大会で優勝し

プロダクションのスカウトを受けました。

 

1993年8月21日「おんなの祭り」でテイチクよりデビュー

1998年キングレコードに移籍

1998年10月21日第一弾「一度でいいから」発売

1999年8月27日「おんなの純情」発売

2000年3月24日「海峡氷雨」発売

2001年2月7日「絆坂」発売

2001年10月30日「さいはて海峡」発売、オリコン演歌・歌謡曲チャートで初の1位を獲得

2002年4月から活動休止

 

デビューしてから順調な道のりを歩んでいたと思われましたが

10年目に活動休止、何があったんでしょうか。

 

2006年10月25日 5年ぶりの新曲「海峡出船」発売

2007年6月6日「能登絶唱」発売

2008年1月1日「浮世草」発売

2008年8月27日「横笛物語」発売

2009年6月10日「花の咲く日まで」発売

2010年2月24日「海峡の夜が明ける」発売

2010年10月27日「女の潮路」発売、オリコン演歌・歌謡曲チャート 初登場1位

2011年10月5日「桟橋時雨」発売、オリコン演歌・歌謡曲チャート 初登場2位

2013年2月27日「風の海峡」発売、オリコン演歌・歌謡曲チャート 初登場1位

2013年10月23日「流氷波止場」発売、オリコン演歌・歌謡曲チャート 初登場1位

2014年9月3日「海峡岬」発売、オリコン演歌・歌謡曲チャート 初登場1位

2015年4月22日「命咲かせて」発売、オリコン演歌・歌謡曲チャート 初登場1位

2016年4月20日「心かさねて」発売、オリコン演歌・歌謡曲チャート 初登場1位

2016年12月31日 第67回NHK紅白歌合戦 初出場!!

2017年3月22日「はぐれ花」発売、オリコン演歌・歌謡曲チャート初登場1位

 

演歌・歌謡曲チャートの1位の常連でありながら、

デビューから23年でようやく昨年紅白歌合戦に出場できたんですね。

 

◎受賞歴

1994年、第13回メガロポリス歌謡祭新人賞

1994年、第26回新宿音楽祭新人賞

1996年、第6回NHK新人歌謡コンテスト優秀賞

2011年、第44回日本作詞大賞入賞「女の潮路」

2011年、「女の潮路」月刊カラオケファン2011リクエスト・オブ・ザ・イヤー

2012年、第22回NAK日本流行歌大賞受賞「女の潮路」

2012年、第5回日本作曲家協会音楽祭奨励賞

2013年、第6回日本作曲家協会音楽祭有線大衆賞

2014年、第56回日本レコード大賞作曲家協会選奨

2016年、藤田まさと賞「命咲かせて」

2016年、第49回日本作詞大賞優秀作品賞「心かさねて」

2016年、第49回日本有線大賞有線大衆賞

 

【市川由紀乃の歌声とは?活動休止とは?】

デビューしてから数々の賞を受賞、

オリコン演歌・歌謡曲チャートで1位も獲得して

順調な道のりを歩んでいたかに見えた市川さんですが、

2002年4月に活動を休止します。

 

前年の2001年にオリコン演歌・歌謡曲チャートで

初の1位を獲得して多忙を極めていたのでしょうか、

体力的にも精神的にも追い詰められ

「こんな気持ちではステージに立てない」と

燃え尽き症候群に陥ってしまったそうです。

 

活動休止の間は飲食店でアルバイトを経験したそうで、

心身共に回復した2006年から歌手活動を再開します。

 

しかし市川さんが歌手活動を再開した2006年に

師匠である市川昭介さんが亡くなります。

 

さらに2008年にはお兄さんが亡くなります。

 

お兄さんは8歳年上で脳性麻痺の障害を抱えていたそうですが、

市川さんが歌手活動を休止中の間も励ましてくれたそうで

市川さんが歌手活動を復帰する後押しになったそうです。

 

市川さんは中学1年の時にご両親が離婚して

お母さまが女手一つでお兄様と市川さんを育ててきたそうで、

お兄様が亡くなられた時はさぞショックだったことでしょうね。

 

「海峡出船」の動画

 

https://www.youtube.com/
watch?v=T1lnAQO4zzc

 

この曲が発売された2006年に市川昭介さんが亡くなり、

録音に立ち合った最後の曲となりました。

 

「はぐれ花」の動画

 

https://www.youtube.com/
watch?v=MTMofzKXib8

 

こちらは最新曲の動画です。

市川さんの歌声は綺麗なだけでなく

包み込むような雰囲気がありますね。

 

これまでのいろんな経験や本人の大きさなどが

歌声に深みを与えているのでしょうか。

スポンサードリンク

【最後に】

いかがでしたか?

自分を支えてくれた人たちの思いを背負って

歌い続けている市川さんですが、

昨年ついに紅白歌合戦の出場を果たしましたね。

 

番組ではお母さまからのメッセージが紹介されるそうで、

涙なしには見られないかもしれません。

 

すでに20年以上のキャリアのある市川さんですが、

まだまだこれからということで

今後の市川さんのますますのご活躍に期待しましょう!

 

では、またお会いしましょう!

 

市川さんのオフィシャルブログ「由紀乃結晶」

https://ameblo.jp/yukino-ichikawa/

 

市川さんのオフィシャルサイト

http://www.primecorp.co.jp/
yukino-ichikawa/index.html

 

~番組情報~

テレビ朝日 徹子の部屋

8月17日(木)12:00~12:30


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ