伊集院静(作家)の高校や大学など経歴は?著書についても!

どうも kakisanです。

皆さんは「大人」ってなんだと思いますか。

 

年齢が高いっていうのは当たり前ですが

何歳になっても子供のような人もいます^^

 

逆にまるで大人のような子供もいます^^

 

大人になるってどういう事なんでしょうね。

 

私は全ての行動の先に

愛する者が紐づいている生き方をする事だと思ってます。

 

ちょっとかっこよすぎですかね^^

 

話は変わりますが、

『世界一受けたい授業』は2004年のスタート以降、

安定した視聴率を誇る教育バラエティ番組。

 

なんとゴルバチョフやアメリカ元大統領のゴア氏、

世界一有名な日本人ことオノ・ヨーコさんなども

出演したこともあるというから驚きです。

 

8月5日(土)19時00分からの放送では

『世界一受けたい授業2時間SP

今、日本が危ない!私たちに迫る「15の危険」』と題して、

座り過ぎの日本人を健康被害から救う方法や、

フランス流冷蔵庫の使い方などを放送します。

 

そのなかで直木賞作家・伊集院静先生が

大人の流儀をレクチャーするのですが、

今回はその伊集院静さんにスポットを当ててみました。

スポンサードリンク

【プロフィール】

ウィキペディア

ペンネーム     伊集院 静(いじゅういん しずか)
作詞家としての筆名は伊達 歩(だて あゆみ)

出生当時の名前:趙 忠來(チョ・チュンレ、조충래)

本名(戸籍名・日本名):西山 忠来(にしやま ただき)

1950年2月9日(67歳)

山口県防府市

職業   作家、作詞家

言語   日本語

国籍   日本

教育   文学士

最終学歴      立教大学文学部日本文学科

活動期間      1981年 –

ジャンル      小説、随筆、作詞

代表作 『受け月』(1992年)
『機関車先生』(1994年)
『ごろごろ』(2001年)

主な受賞歴     吉川英治文学新人賞(1991年)
直木三十五賞(1992年)
柴田錬三郎賞(1994年)
吉川英治文学賞(2001年)
紫綬褒章(2016年)

————————————————————–

在日韓国人2世の伊集院静氏ですが、後に日本に帰化しています。

作家、作詞家と名前を変えているのですね。

今回はタイトル通り、伊集院静さんと呼ばせていただきます^^

 

伊集院さんは今年で67歳になられました。

 

実は小説以外にも作詞家としての顔も持ち、

キンキキッズ「やめないで、PURE」、

近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく」他、

なんとあのNEWSの作詞まで行っています。

 

あと、2010年にトヨタ自動車の「SAI」のCMにも出演されてます。

 

少し画像は悪いですけど共有しますね。

https://youtu.be/IWXOVYn0O00

 

オカタイ小説のイメージからはかけ離れた大人な姿に、

少し親しみを覚えてしまいますね。

 

【出身の高校、大学は?】

山口出身の伊集院静氏は、

山口県立防府高等学校を経て、

立教大学文学部日本文学科を卒業していらっしゃいます。

 

山口県立防府高等学校は1877年創立の歴史ある高校。

2000年近くまで、男女共学でありながら、

男子と女子を別の棟に分けて授業を行っていたそうですよ。

 

山口っぽいというか長州っぽいというか…(笑)。

山口県立防府高等学校は

春風亭正朝さんや前田吟さんを卒業生に持つ、進学校です。

 

一方、大学は立教大学文学部に通った伊集院静氏。

立教大学は説明不要の、

名門私立大学を指す「MARCH」にも含まれる大学です。

 

OBには多くの政治家や研究者がおり、

文学者だけでもなかにし礼氏や村山由佳氏、

魯迅の弟である周作人氏など、挙げればきりがないほどです。

 

【故夏目雅子さんの元夫!伊集院静氏の経歴】

伊集院静氏といえば、

やはり夏目雅子さんの夫としても有名でしょう。

 

現在3回目の結婚をしていますが、

夏目雅子さんは二番目の妻です。

 

夏目さんが亡くなった後は

ギャンブルや酒で荒んだ生活を送っていたと言われます。

 

その後再び立ち上がり、

2016年秋の褒章ではなんと紫綬褒章を受章しました。

 

紫綬褒章はかつて江戸川乱歩も受章した、

学術芸術関連者に授与される褒章。

 

でも実は伊集院静氏本人は一度は断ろうとしたのだとか。

 

【多すぎる著書からおすすめをピックアップ】

著書は挙げればキリがないので、

賞を受賞した作品のみ挙げていきます。

 

『乳房』で1991年、吉川英治文学新人賞を受賞。
アマゾン:乳房 (講談社文庫)
楽  天:乳房 (文春文庫) [ 伊集院静 ]

同作は癌を患った妻との日々を描いた『乳房』や、

行方不明の弟を探しに行く『くらげ』他五篇を収録した短編集です。

 

『受け月』で1992年、直木賞を受賞します。
アマゾン:受け月 (文春文庫)
楽  天:受け月 (文春文庫) [ 伊集院静 ]

同作は野球をテーマにした短編集。

 

受け月とは三日月のことで、月を皿に見立て、

皿に水が溜まるように願いを叶えてくれると言われています。

 

老監督は受け月に向かって何を祈るのか。

人生の機微を描いた作品たちです。

 

『機関車先生』で1994年、柴田錬三郎賞を受賞。
アマゾン:機関車先生 (講談社文庫)
楽  天:機関車先生 (講談社文庫) [ 伊集院静 ]

同作はアニメや実写で映画化もされました。

 

「機関車先生」とは、幼いころの病気が原因で
話せなくなった主人公、吉岡誠吾のこと。

 

人々の心の交流を描いた、心温まる作品です。

 

『ごろごろ』で2001年、吉川英治文学賞を受賞。
アマゾン:ごろごろ

同作は横浜港に流れ着いた男4人を描いた、

男気あふれる長編小説です。

 

『ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石』で2014年、司馬遼太郎賞を受賞。
アマゾン:ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石
楽  天:ノボさん(上) 小説正岡子規と夏目漱石 (講談社文庫) [ 伊集院静 ]
ノボさん(下) 小説正岡子規と夏目漱石 (講談社文庫) [ 伊集院静 ]

同作は正岡子規と、彼の親友である夏目漱石を描いた作品です。

 

伊集院静氏は正岡子規にずっと憧れていたそうです。

 

正岡子規と同じく伊集院静氏も野球が大好きですが、

もしかしたら正岡子規の影響なのでしょうか。

スポンサードリンク

【まとめ】

伊集院静氏は素晴らしい小説家、作詞家であり、

きっと女性にもモテる方でしょう^^

 

番組では「大人の流儀」をレクチャーしてくれるとのことで

どんな内容なのか気になりますね!

 

放送を楽しみに待ちましょう!

 

では、またお会いしましょう!

スポンサードリンク





カテゴリ