ハロー張りネズミ(ドラマ)あらすじは?感想や評価も!

この記事は4分で読めます

どうも kakisanです。

TBSの金曜新ドラマ『ハロー張りネズミ』が7/14、22時より放送されます。

そこで今回は、ドラマのあらすじやキャスト、監督について調べてみました。

大根仁監督は主に深夜ドラマで活躍する新進気鋭の監督。

過去作品の動画も見つけましたよ!

スポンサードリンク

【あらすじ】

『ハロー張りネズミ』は、誰も引き受けたがらない面倒な案件ほどやりたがる一風変わった探偵、七瀬五郎とその仲間たちが、さまざまな事件に挑んでいく探偵ドラマです。

第一話は「あかつか探偵事務所」で探偵として働く主人公、ゴローと相棒のグレのもとに「一ヶ月前に死んだ娘を探してほしい」という難題(!?)が寄せられます。

むちゃな依頼内容に驚きながらも、依頼人が背負う特別な事情を知ったゴローとグレは少女探しを始めますが…。

 

【登場人物】

七瀬五郎(34)…瑛太
お調子者でスケベだが情に厚く、抜群の行動力を持つ事務所のムードメーカー。
事件への嗅覚が鋭く喧嘩も強い。通称「ハリネズミ」。

木暮久作(37)…森田剛
ゴローの良き相棒。洞察力に長けている。
明るくバカでスケベだが、元ギャンブラーで暗い過去を持つ。通称「グレ」。

四俵蘭子(34)…深田恭子
ミステリアスな雰囲気を持つ美女で、その正体は謎に包まれている。
ある事件で、ゴローと知り合う。

風かほる(53)…山口智子
あかつか探偵事務所の女性所長。
人望はあるが昼間から本格的に酒を飲むなど、豪快な一面も。
自称「5時から女」。

南(53)…リリー・フランキー
表向きはサンライズ出版の経営者。
大企業のトラブルを処理するという裏の顔を持つ。

河合節子(31)…蒼井優
素性や生い立ちは不明。
とらえどころのない独特な雰囲気を持ち、類まれな霊能力を持つ。

マスター(?)…中岡創一
ゴローとグレが入り浸る、スナック「輝(きらら)」のマスター。
基本的に無気力で、私生活は謎に包まれている。独身。

萌美…片山萌美
グラマーで露出の多い服を好む。ゴローらに絡まれる。
温厚だが、激情することも。

 

 

瑛太、深キョンら人気俳優と、森田剛、蒼井優ら実力派俳優が、揃い踏みです!
なにせ日本アカデミー賞も受賞した大根仁監督のドラマですからね。

演技にはちょいうるさいよという視聴者も、ただ気軽に見たい視聴者も、楽しめるドラマになっているんじゃないでしょうか。

 

個人的に大注目なのは、森田剛さんです。
V6の活躍してない組でしょう?なんて思ったアナタ、そのイメージ間違ってます!!

幼い頃から大河ドラマ『毛利元就(毛利元就幼少期役)』等に出演していた森田剛さん(ぶっちゃけ私はこのときの演技に魅せられ、彼は初恋の人でした(笑))、現在はドラマ、舞台などで活躍しています。

主演を務めた三島由紀夫の『金閣寺』の舞台は、なんとニューヨークのリンカーンセンター・フェスティバルで公演したほど。

また、2016年の映画『ヒメアノ〜ル』で見せたサイコキラーの演技は怖すぎると話題を呼びました。

今回も「暗い過去を持つ」役どころなので、また「闇・森田剛」(笑)が見られそうな気がします。

 

主演の瑛太さんは、個人的には少しお久しぶりな印象です。

2005年前後は大活躍といった感じでしたが、最近は結婚もされて仕事をセーブしてるのかな?と思っていました。

しかし来年の大河ドラマでは大久保利通という大役を演じる瑛太さん(前は小松帯刀でしたね(笑))、徐々にエンジンを暖めていく方向なのかもしれませんね。

 

ヒロインは深田恭子さん。
おディーン様(ディーン・フジオカ)と共演した『ダメな私に恋してください』での好演も記憶に新しいですね。

34歳(信じられません!)ながら、ますます美しくなっていくと評判の深田恭子さん、最近は男性だけでなく女性からの支持も集めています。

ミステリアスな役とのことなので、物語にどう関わっていくのか注目です。

 

探偵事務所の女性所長には、山口智子さん。
唐沢寿明さんの妻としても有名ですが、最近は「選択子無し」が話題となりました。

見た目だけでなく、生き方も潔く美しい山口智子さんなら、豪快な女所長を爽快に演じてくれそうですね。

 

リリー・フランキーさんは、大根仁作品の常連。
ドラマ、映画『モテキ』では主人公に多大な影響を与えるモテモテ中年男を、映画『バクマン。』では週刊少年ジャンプの編集長である佐々木を演じています。

そして今回も出版社の社長!
大根仁監督は、リリー・フランキーさんにどうしても出版関係の役をさせたいようですね(笑)。

大和ハウスグループのCMでの活躍も印象的なリリー・フランキーさん、今回はどんな演技を見せてくれるのでしょうか。

 

霊能力者というちょっとアヤシイ(!?)役を演じるのは、蒼井優さん。
数々の賞を総ナメにした映画『フラガール』での素朴な少女を演じたかと思えば、大河ドラマ『龍馬伝』ではスパイ兼芸姑の魔性の女を演じるなど、演技の幅が非常に広い女優さんです。

今回は霊能力者をどう演じてくれるのか!?楽しみですね。

 

マスター役の中岡創一さんはお笑いコンビ、ロッチに所属する一方で名脇役としても活躍しています。

顔を見たことがない人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

「萌美」と本名で出演する片山萌美さんはグラビアアイドル。

本当に源氏名のような、可愛らしいお名前ですね(笑)。

実は最近、ヘアヌードを公開したことでも話題になっています。

 

【大根仁監督とは?】

このドラマ一番のポイントは、何と言っても「大根仁作品」であること!

「だいこん ひとし」じゃありません、「おおね じん」さんです!
(私は間違えていました(笑)!)

大根仁さんといえば、ドラマ『モテキ』で突如、彗星のごとく現れた演出家。
実は1996年から『サイコメトラーEIJI2 』、『TRICK』等で活躍していました。

というのも専門学校在学中に大根仁監督を見出した人こそが、堤幸彦監督だったんです。

今回の『ハロー張りネズミ』も、最初あらすじを読んだ時にどことなく『TRICK』みたいだなと思ったのですが、少なからず影響を受けているのかもしれませんね。

2007年のドラマ『去年ルノアールで』では、今話題の星野源さんを初めて主演として起用するなど、先見の明ありすぎな大根仁監督。

とはいえ、どちらかというと深夜ドラマのイメージで、ゴールデン・プライムのドラマを手掛けるのは今回が初めてだといいます。

『ハロー張りネズミ』、どんなことになっちゃうんでしょうか!?(笑)

 

【大根仁監督の過去作品】

2010年、演出・脚本・撮影を手掛けたドラマ『モテキ』で注目を集めます。

 

『モテキ』はドラマの数年後という設定で映画化もされ、第35回日本アカデミー賞話題賞・優秀作品部門を受賞します。

『モテキ』予告

https://www.youtube.com/watch?v=fV0zyJQU_uc

 

2015年、週刊少年ジャンプ掲載漫画の実写映画化『バクマン。』では、監督・脚本を担当。

作画担当の真城最高を佐藤健さんが、原作担当の高木秋人を神木隆之介さんが演じたのですが、映画上映前はそれぞれのキャラクターから「ミスキャストでは!?」という声も多く聞かれました。

結局、その心配はいい意味で裏切られたことは言うまでもありません。

また単なる漫画の実写化に留まらず、最新の映像技術を駆使した新しい映画のスタイルを提示し、話題を呼びました。

「バクマン。」予告

https://www.youtube.com/watch?v=AjuyrRTqfkE

スポンサードリンク

【まとめ】

ドラマ『ハロー張りネズミ』は、実力派キャストが集い、個性派監督大根仁がまとめあげる、新しいエンターテインメントに仕上がっていました。

ドラマ中にはまだまだ多くの謎が散りばめられています。

毎回、目が離せませんね!

では、またお会いしましょう!


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

初心者向け格安スポットコンサル!!

格安スポットコンサルのご案内です。

ブログを始めるお手伝いをします。

詳しくは画像をクリック!!

kakisanのプロフィール

 

大阪在住の脱サラブロガーのかきさんです。

ブログで副業をお考えの方に情報を発信してます。

・おこずかい稼ぎ

・内職の代わり

・パートの代わり

などなど小さな目標からやってみませんか?

 

必ず達成できますよ^^

 

関西、特に大阪のそんな方達とコミュニケーションができればなぁと思ってます。

 

気軽にコメントいただければ嬉しいです!

 

かきさんのモットー

「数万収入の副業で高額コンサル不要!」
「ノウハウと時間で月収10万は達成!」
「達成してから高額コンサルを検討する!」

2018冬ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

カテゴリ