TAKA(口で絵を描く)の作品や経歴は?怪我の理由や結婚についても!

この記事は4分で読めます

どうも kakisanです。

夕方になると
少しは暑さもましになってきました。

それでも扇風機の風は
生ぬるくて。。。

やっぱエアコンじゃないと
暑さはしのげませんね。^^

さて、NHKの福祉番組
「ハートネットTV」のアンコール放送に出演する
マウスペインターのTAKAさんをご存じでしょうか?

口にペンをくわえて絵を描くTAKAさんの作品は
国内外で高く評価され、
著名なアーティストやスポーツ選手などからも
依頼を受けるほどです。

今回はTAKAさんの経歴や作品、
年収などについて紹介していきます。

スポンサードリンク

【経歴、結婚、年収などは?】

TAKA(タカ)本名 松峰 貴幸(まつみね たかゆき)。

1985年生まれ、岩手県雫石町出身。

血液型A型。マウスペインター。

16歳までフリースタイルスキーの選手でしたが
転倒事故により頸椎を骨折、
脊髄を損傷して四肢麻痺(両手両足が動かない)状態となり
暑さや寒さすらも感じることができない体となりました。

 

スポーツには怪我は付き物と言いますが
一歩間違えると大怪我になります。

 

TAKAさんの事故も
不運のが重なってしまったんでしょうね。

 

しかし、彼はそこからの人生が
ポジティブでした。

 

2010年にアメリカ合衆国のカリフォルニア州
ロサンゼルスに渡りサンタモニカカレッジで学びます。

 

アメリカ留学を期に
ハリウッドで出会ったインダストリアル・アートに
触発されアート&デザインの世界に入ります。

 

2011年からキャンバスでのアクリル画、
油絵、ステンシル、デジタル2D、3Dと
全て独学で学び自分の物にして
エクスリーム・ペインターとしてコンセプトアート、
ポートレイトアートキャンバスアート、
デジタルアートデザインと
幅広いアートジャンルにおいて活躍を続けています。

 

現在はエクストリーム・ペインターとして、
コンセプトアートやアーティスト・スポーツ選手などの
ポートレートアート
(写真に電子ペンでデザインを加えていくもの)を
手掛けています。

 

またクールバリアフリープロジェクト
「一般社団法人ランプアップいわて」の代表も務めています。

 

◎ポートレートアートを手掛けたアーティストやスポーツ選手

・V6

・AI

・Def Tech

・RIZE-JESSE

・Bro.KONE

・西武ライオンズ-菊池雄星選手

・プロゴルファー-小平智選手

・岩手ビッグブルズ

など

 

◎デザインワークなど

・RIZE 10周年記念 NBA-WOWWOW放送テーマソング決定記念Tシャツデザイン

・Def Tech 2VOX 2016 全国ツアーグッズデザイン

・Def Tech 2VOX 2015 10周年全国ツアーグッズデザイン

・Slip & Co. グッズデザイン

・2016 Red Bull  Wings for Life World Run JAPAN公式グッズデザイン

・24時間テレビ2015Tシャツデザイン

・2016 Red Bull Wings for Life World Run JAPANアンバサダー(大使)。

 

現在、結婚しているという情報はありません。

 

また年収も不明ですが、
上記のように著名なアーティスト、
スポーツ選手から仕事の依頼が来ているので
高い年収を得ているのではないでしょうか。

 

ここまでの成功を収めるには
並大抵の努力じゃなかったでしょうね。

 

【エクストリームペインターとは?】

TAKAさんは高校生の時
フリースタイルスキーの練習中に転倒して
意識不明の重体となり
肩から下が動かせなくなりました。

 

友達が進学や就職、恋愛などで変わっていく中で
自分はベッドの上で寝たきり生活で変わらないという
ストレスとコンプレックスの日々。

 

自立したい、一人暮らしをしたいと
母親にサポートを頼むも断られます。

 

それでも退院から10か月後に
一人暮らしに踏み出しました。

 

身の回りのことは訪問介護サービスにお願いしています。

 

一人では料理、入浴、トイレ、
ベッドで横になるなどのことはできない為
ヘルパーの方の訪問は1日5回にも及ぶそうです。

 

24歳の時にアメリカ留学。

 

そこで同じ障害のある画家の
ジョニー・エレクソン・タダさんとの出会いがありました。

 

口だけで描くジョニーさんの作品に衝撃を受けます。

 

それまで障害者として働けるように
サポートを受けてきたけど、健常者と同じステージで
戦って勝ちたいという思いがずっとあって、
それを実現できるのがアートじゃないかという発見がありました。

 

TAKAさんが得意とするポートレートアートは
アーティストやスポーツ選手の写真に
新たなデザインを追加していくものですが、
写真でできなかったことをもう一歩表現する、
写っている人物の持っている力や印象を
もっともっと強く表現したいという思いから作られています。

 

依頼したアーティストや
スポーツ選手からも自分のやりたいこと、
なっていきたい姿が映し出されていると
高い評価を受けています。

 

インターネットなどでも作品を見ることができますが、
まさに唯一無二の世界観が表現されているので
ぜひチェックしてみてください。

http://takayuki-m.com/#

 

エクストリームペインターとは
TAKAさんの言葉で、
エクストリームとは「過激」や「極限」を意味します。

 

ケガの原因となったのが
エクストリームスポーツのフリースタイルスキーで
体の状態は変わってしまったけど
魂の部分では変わっていないので
はっちゃけてかっこよくやっていきたいなとという思いで
エクストリームの心をずっと引き継いで
やっていきたいなということで
エクストリームペインターという名前で活動しているとの事です。

 

彼の強い想いを感じますね。

スポンサードリンク

【まとめ】

いかがでしたか?

 

ハートネットTVでのTAKAさんの特集は
2016年に放送されたものですが
今回はアンコール放送となります。

 

それだけ反響が大きかったということでしょうね。

 

昨年の放送を見逃したという方はもちろん、
前回見たという方もぜひもう一度
ご覧になってはいかがでしょう。

 

勇気をもらえることはもちろん、
みなさんがこれから生きていく上での
ヒントにもなるのではないでしょうか。

 

TAKAさんはニューヨークで
個展を開くことを目標に活動を続けているので
今後の活躍に期待しましょう。

 

 

では、またお会いしましょう!


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ