上田剛志(カラオケバトル)年齢や経歴は?動画や出没地域について!

どうも kakisanです。

7/12に放送される
THEカラオケ★バトルSP
【都道府県対抗!ご当地歌うま王決定戦】の
出場者の中でもその個性的なキャラクターで
一際注目を集めているのが
山口県代表・上田剛志さんです。

「平成の藤山一郎」とも呼ばれ
昭和歌謡を歌うアコーディオンシンガー
上田さんとはいったいどんな方なのか
そのプロフィールや経歴を紹介します。

スポンサードリンク

プロフィール

上田剛志(うえだ つよし)38歳
(2017年5月時点、生年月日は不明)

 

中学生の頃に藤山一郎の歌声に魅せられて
昭和歌謡の世界にどっぷりと浸かります。

 

その後、2013年から
山口県山口市にある温泉地、
湯田温泉街でアコーディオンの弾き語りで
昭和歌謡を歌う活動を始める。

 

路上で歌う以外にも老人ホームや
病院などで昭和の名曲を披露しています。

 

上田さんはパリッと細身のスーツを身にまとい、
髪は短髪でスプレーで固めた七三分け。

 

ヘアスプレーは
3日でなくなってしまうそうです^^

 

ベレー帽をかぶることもあります。

 

携帯もパソコンも持っていないという
暮らしぶりまで昭和な方です。

 

なので、情報がほとんどありません^^

 

仕事の依頼をしようにも
連絡を取るのが大変そうですね。

 

演奏スタイルはアコーディオンを抱えて
直立不動で歌います。

動画はこちら。

お見事ですね。

 

昭和の香りがプンプンします。
上田さんは、湯田温泉の夜の街で、
昭和ひと桁代から30年代の昭和メロディ、
古賀政男、古関裕而、服部良一の
メロディを歌います。

 

レパートリーは100曲以上で
リクエストに応えることもできるそうです。

 

病院や施設などのコンサートに行けば、
おじいちゃんおばあちゃん達に大人気。

 

一緒に歌って、笑う、
中には涙を流す方もいらっしゃるそうです。

 

これまでの経歴は?

2014年6月には宇部・
中央のレトロ居酒屋「泉屋新川店」で
ライブパフォーマンスを行い、
昭和をコンセプトにする同店で初の
「昭和コラボ」が実現しました。

 

メディアや関係者が集まり
アコーディオンの音色と
昭和歌謡曲を聞きながら
昭和のレトロ感を堪能したそうです。

 

2016年5月の「看護の日」には
下関市の医療法人武久病院のイベントに参加し、
昭和懐かしの歌謡ショーを行い来場者、
職員の方で合唱し大いに盛り上がりました。

 

懐かしい歌に癒されて
患者様や地域の皆さんと
普段できない交流ができたと
病院側から喜びの声がありました。

 

好評につき再登場の要望が強く
2017年5月にも同所で
上田さんの歌謡ショーが開催され、
こちらも好評を博してます。

 

2017年5月には
KRY山口放送の下関ゆめシティ公開生放送に
ゲストとして出演しました。

 

ステージで上田さんが
ミニ歌謡ショーを始めると
その歌声に引き寄せられて席が満席になり、
上田さんのアコーディオンのメロディと
歌声に合わせてお客さんの手拍子と
歌声が重なって会場に響き、
リスナーのリクエストに応えて
大きな盛り上がりだったとの事です。

 

ちなみに富山県出身のメンバーで構成される
東京大衆歌謡楽団も
昭和歌謡を歌いキャラも似通っており
世代も近い為、上田さんの歌声を聞いた方からは
コラボを期待する声もあるので
近いうちに実現すれば面白いですね。

 

上田剛志が歌う「藤山一郎」の
「東京ラプソディー」とは?

東京ラプソディは1
936年(昭和11年)に発売された
藤山一郎さんの昭和歌謡です。

 

昭和モダン末期の東京を歌った
フォックスロット(社交ダンス)調の曲で、
藤山さん主演による同名の映画も制作されました。

 

藤山一郎さんは1911年生まれで
東京ラプソディの他にも
「丘を越えて」や「青い山脈」などの
数多くのヒット曲を持ち、
爽やかで伸びのある格調高い唄声が評価され
1992年には国民栄誉賞を受賞しました。

 

1993年に亡くなっています。

 

Youtubeなどで上田さんの演奏を
聞くことができますが、声の感じ、
出し方などが確かに藤山さんによく似ていますね。

 

アコーディオンの演奏が
古き良き昭和を感じさせ
上田さんの歌声に良くマッチしています。

 

一方で藤山さんに寄せすぎているという
声もあるので上田さんが自身の活動について
どう考えているかにもよりますが、
上田さんのオリジナリティを
どう出していくのかが今後さらなる
ステップアップを果たすには
課題とも言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

アコーディオンを奏でながら歌う
上田さんの昭和歌謡は
リアルタイムで聞いていた人には懐かしく、
若い人たちには逆に
新鮮に聞こえるのではないでしょうか。

 

カラオケバトルでも
その存在は異彩を放っており、
大きなインパクトを残してくれることに
期待しましょう。

 

では、またお会いしましょう!

カラオケバトルの結果はこちら。

カラオケバトル(2017)7月12日都道府県対抗SP結果は?優勝は誰!

スポンサードリンク





カテゴリ