石塚隆充(フラメンコ歌手)嫁や子供は?経歴や動画について!

どうも kakisanです。

歌の異種格闘技戦こと、THEカラオケ☆バトル、皆さんご覧になっていますでしょうか?

テレビ東京系列にて毎週水曜18時55分から放送されていますね。

毎回毎回楽しみにしてるんですが、次回も初出場の人も居て、どんな戦いになるか楽しみです。

スポンサードリンク

そこで今回は、6/14放送に初登場の「石塚隆充」さんについて調べてきました!

日本を代表するフラメンコ歌手として本場スペインでも活躍する石塚さん。

フラメンコ。。。情熱的な香りがしますね^^

歌手としての実績はもちろん、家族についても調べてみましたよ!

 

プロフィール

出典元:ツイッター

石塚さんは1973年1月12日生まれの44歳。

東京都出身で、クラシック・ギタリストの石塚智彦氏を父に持ち、姉はピアニスト&ボーカリストの石塚まみ氏という音楽一家です。

 

本場のジプシーから学んだ本格的な歌唱力!

高校時代にスペインのフラメンコギター奏者パコ・デ・ルシアと出会い、フラメンコに魅せられます。

そうしてフラメンコギタリストになるのかと思いきや、尚美学園短期大学では声楽を専攻します。

「コンセルヴァトアールディプロマ科卒業」とあったのでのだめカンタービレ等にも登場するフランスの国立高等音楽院のことかと思いきや、これは尚美ミュージックカレッジ専門学校のカリキュラムのひとつなんだそうです。

同時進行で、東京外国語大学のスペイン舞踊部のギター伴奏も行っており、そのときにフラメンコの歌であるカンテに出会います。

その後独学で歌を始め、そのわずか2年後には日本フラメンコ協会新人公演奨励賞(最高賞)を受賞してしまうから驚きです。

蛙の子は蛙といいますが…ギタリストの子はカンタオール(フラメンコの歌い手)!ってとこでしょうか(?)。

 

大学卒業後はスペインに渡り、音楽を現地のジプシーから学んだとのこと。

正直、私個人としてはフランスで付きまとわれたりしてジプシーにはあまりいい思い出がありません(笑)。

しかしジプシー(ロマ)といえば、リストの「ハンガリー狂詩曲」、ブラームスの「ハンガリー舞曲」等クラシック界にも影響を及ぼす、素晴らしい音楽の歴史を持っていますものね。

そうやって8年をスペインで過ごした後、2006年より日本を拠点に活躍します。

本場スペインのフラメンコ愛好家からも「日出ずる国のカンタオール」と讃えられるほどの歌い手なのだそうです。

 

動画もあり!石塚隆充氏のカンテを堪能!

2016年1月18日 石塚隆充 NEW ALBUM 【REVERSO】(レベルソ) e-onkyo よりハイレゾ配信リリース

初の全編カバーアルバム発売ということで、童謡「この道」、中森明菜の「ミアモーレ」等も聞くことが出来ます。

ミアモーレ、ハマりすぎてます(笑)!

プロ中のプロですものね~!

 

結婚してるの?子供は?

石塚さんはイケメンで、しかも情熱の国スペインのフラメンコ・カンタオールとあれば、女性たちが放っておかないでしょうね。

フラメンコ・ギタリストって右手の爪を少し伸ばしている人が多くて(もちろん綺麗に手入れされています)、それがまたセクシーなんですよね…。
私の父もエレキギタリスト&フラメンコ・ギタリストなもので(笑)。

というわけで、気になるプライベートも調べてみました。

・・・また4つ山は越えられない・・・と思ったから「SOS」を自宅に発信して奥さんに迎えに来てもらいました。(情けない)

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/takante2009/20245641.html

ご本人のブログにこういった記述があることから、少なくとも2010年11月には既婚者であったようです。

現在はどうなのか、またお子さんの情報は得られませんでした…。

スポンサードリンク

まとめ

「日出ずる国のカンタオール」…こう言っちゃアレですが、カラオケバトルには些か豪華過ぎるくらいのお人なのでは!?と思いました。

歌声は少しポルノグラフィティに似てるな~なんて思ったり…。

まあモノマネ大会ではないから、それはないですかね?

といったところで、何を歌うかも気になるところですね!

THEカラオケ☆バトルから目が離せません!

では、またお会いしましょう!

 

スポンサードリンク





カテゴリ