(ボク、運命の人です。)感想や評価は?全話ストーリーについても!

この記事は4分で読めます

 

【ボク、運命の人です。】亀梨和也さんと山下智久さんの久しぶりの共演で話題のドラマです。
ドラマ全話のストーリーや感想、評価といったものをご紹介していきます。
亀梨和也さんと山下智久さんの共演は2005年の「野ブタ。をプロデュース」以来、約12年ぶりなんですね。
イケメン2人のユニット「青春アミーゴ」は出大人気でした。

スポンサードリンク

どうも kakisanです。

 

とうとう、連続テレビドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)の第1話が15日放送されましたね。

出典元:ツイッター

 

「野ブタ。をプロデュース」以来、約12年ぶりの共演で、お二人とも大人になってるんですが、なぜかあまり変わってなくて、違和感がなかったです^^

 

ストーリーについては、「運命の恋」がテーマで、お互い見ず知らずなんですが実は30年もの間、幾度となくすれ違いしてきた運命の赤い糸で結ばれた男女。
そこに神さまが何時まで経ってもお互いに気付かない二人に業を煮やし、運命の出会いをサポートするというコミカルな恋物語です。

 

お二人のやり取りも注目ですが、木村文乃さんの演技も見ものです。

 

2015年の『サイレーン』では、前髪をザク切りにカットして短めのアシメヘアーで役作りをされていましたが、今回はウエーブがかったショートヘアーがとても似合ってます。

前回の冬ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』では一流外科医をもしのぐ知識を持った、生意気だが腕がいオペナース役でしたが、いろいろな役で素晴らしい演技をされる、注目の女優さんです。

 

あと、個人的には渡辺江里子さん(阿佐ケ谷姉妹)の演技にも注目してます。

 

露出度は少ないかもしれませんが、劇団出身の彼女がどんな演技を見せるのかとても気になります。
第一話では、違和感のない演技で、流石劇団出身者だなぁって感じましたし、正木誠(亀梨和也)を気に入ったみたいなので、今後の絡みにも注目ですね。

 

全話各回のストーリーや感想を追記していきます。

スポンサードリンク

■目次
0. トップ
1. 第一話ストーリー
1-1.第一話感想や評価は?
1-2.第一話まとめ

 

第一話ストーリー

この4月、都内の会社(ウエルカムウォーター社)に異動になった正木誠(亀梨和也)

今まで女運がなく、付き合う女性は全員一癖あり、挙句に別れを告げられるような恋愛人生を送っていた。

今付き合っている女性も美人局で逮捕され、TVのニュースで知ることになる。。。

 

そんなある日、誠の目の前に“神”と名乗る謎の男(山下智久)が出現する。

ある日、誠(が帰宅すると、家の中に謎の男がいた。

初めはTVのニュースで彼女が美人局で逮捕されたTVのニュースを教えてくれたので、警察だと勘違いしていたが、自身を「神」だと名乗る。

この神は、誠に重大な事実を伝えるために出現し、“運命の女性”である湖月晴子(木村文乃)と年内に結婚して来年には子供を授かり、その子供が30年後に隕石が地球に衝突する危機を回避してノーベル賞を受賞することになると告げる。

そして晴子は誠の会社と同ビルで同じフロアの隣接するスワローマーケティング社にいて、しかも壁を隔てて背中合わに席があると言う。

 

神は、地球の危機を救うため、2人はどうしても結婚しなければならないと説く。

 

はじめは信じていなかった誠も、幼い頃から常にニアミスであった証拠の写真を見せられ、しかも誠のタイプの女性でもあり、神の話を信じることになる。

 

誠は晴子のことを確認するために、隣のスワローマーケティング社に自社製の製品の営業に行くことにした。

 

そこで社長の鳩崎すみれ(渡辺江里子)にウエルカムウォーター社の部長に取られた態度が気に食わなく、過去から製品は断っていると説明を受ける。

 

しかし、誠は営業に成功し、社員に驚かれる。

 

晴子をか確認した誠は、なんとか晴子と結婚するために悪戦苦闘するハメになる。

 

ビルのエレベーターで晴子に偶然出くわした誠は、思い切って「神」に言われた事を話す。

 

当然ながら晴子からは不審者扱いされる訳である。

 

すると後日、誠は営業で行った田舎の山奥の駅で、偶然にも同じく出張で来ていた晴子に出会う。

 

再び自分が運命の男だと話するが、晴子は「本当に気持ち悪いです。2度と話しかけてこないでください」と突き放し、誠はもう晴子のことは諦めようと気持ちを改める。

 

そして後日、誠は一人でクラシックのコンサートに行き、感極まって演奏が終わると同時に席から立ち上がって拍手するのだが、少し離れた客席には晴子が同じく立ち上がって拍手をしていた。。。2人は何かを感じたかのように見つめ合うが、次々に立ち上がる他のお客に遮られて、お互いが見えなくなってしまう。。。

 

誠は再び運命の出会いを信じることになるが、神から新たな試練を聞かされることになる。

 

もたもたしていると恋のライバルが出現すると。。。

スポンサードリンク

第一話感想や評価は?

亀梨和也さんと山下智久さんのやり取りが面白いですね。

 

片方が「神」っていう想定なので、余計面白くなるんでしょうが、12年経っても二人の息がピッタリって感じです。

 

木村文乃さんの演技も良かったですね。

 

元々演技力はあるので、結婚したいけど焦りを表に出さず、運命の人を待ち続けるアラサー女子を見事に演じてます。

 

そしてかわいいんですよ^^

 

四谷三恵役の菜々緒さんとの絡みもいいですね。

 

2015年の『サイレーン』で共演している2人ですが、その時と役柄はガラッと変わって、今回は仲の良い大親友の設定です。

 

久しぶりに悪女から離れる菜々緒さんの天真爛漫な性格もいいです。

 

菜々緒さんって悪女役が多いですけど、「悪女役」って見る側も割り切っているせいか、悪女を離れてもなんら問題ないですね。

 

変なイメージなしに純粋に見ることが出来ました。

 

どっちも出来て、特に悪女をさせたらピカイチって女優さんは少ないと思うので、菜々緒さん貴重です^^

 

渡辺江里子さんの社長役もハマってましたね。

 

誠を気に入ったみたいなので、今後の誠への絡みも面白そうです^^

スポンサードリンク

 

第一話まとめ

山下智久さんの演技が棒読みって評価もありますが、あれが彼の味なんじゃないでしょうか^^

 

逆に神らしくて良いかも知れませんよ。

 

他に「神」としてキャストするなら佐藤二朗さんのような『勇者ヨシヒコ』シリーズの仏のようなキャラか、『夢をかなえる象』ガネーシャ役の古田新太さんなんか面白いですよね。

 

今後も各回のストーリーや評価、感想を追記していきますので、よかったら見て下さいね。

 

では、またお会いしましょう!

 

 


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ