母になる(ドラマ)の感想は?沢尻エリカの演技の評価は?

この記事は4分で読めます

沢尻エリカさんの久しぶりの主演ドラマ『母になる』がスタートしました。
第一話から最終話まで感想などを書いていきます。
藤木直人さんと沢尻エリカさんが夫婦役で、間に生まれた子供が誘拐されることから色々な展開が繰り広げられるドラマになってます。
元々演技力には定評のある沢尻エリカさんですが、母親としての子供に対する愛をどう表現されるか楽しみですね。

スポンサードリンク

どうも kakisanです。

 

始まりましたね〜『母になる』。

 

個人的に沢尻エリカさんが大好きなので、彼女が主演になるドラマですから見逃すわけには行きませんよ^^

出典元:ツイッター

元々演技力には定評がありますが、若い頃は色々あって。。。^^

 

でも、そのバッシングにあったりした経験が今の彼女を強くしている部分もあると思うんです。

 

個人的ではありますが、『母になる』の感想と今後の展開を予想したいと思います。

 

第一話あらすじと感想

始まりは2001年春。

両親を亡くし北海道から単身上京した 結衣(沢尻エリカ) は書店で働いていました。

そこに大学講師の 柏崎陽一(藤木直人)が『シンギュラリティーにおける次世代の家族の在り方について君はどう思いますか』 という本を探しにきて出会います。

話しかけるのに半年、名前を知るのに半年と、二人の距離はゆっくりと縮まっていき、二人の間に新しい命が宿ってや二人は結婚します。

赤ちゃんは男の子で、広「コウ」と名付けられました。

陽一の母、 里恵(風吹ジュン) は大喜びして結衣を迎え入れました。

陽一の上司である 西原太治教授(浅野和之) も、キャリアウーマンの 莉沙子(板谷由夏) とできちゃった結婚することになり、結衣と莉沙子は、同じ母親になるという共通点から、お互いを励まし合う仲になりました。

スポンサードリンク

時は流れて2008年の春。

世間では連続幼児連れ去り事件が起こっていました。

広(吉武歓)も3歳になり、柏崎家には無くてはならない存在になってまいした。

一方、陽一の生徒の渡来が就職活動がうまく行かず、陽一の研究室においてほしいと相談に来る。

陽一は家族と遊園地に行き約束があっていそいでおり、渡来の相談に乗ることが出来なかった。

 

このことが後に起こる誘拐事件のきっかけになろうとは思いもせず。。。

 

そして、結衣がいつものように幼稚園へ迎えにいったある日に事件は起こりました。

目を離した一瞬の隙に広は姿を消してしまう。

 

結衣が必死に探すも広は見つからず、手口が似ていることから、世間を賑わしている連続幼児連れ去り事件と関連があるのではないかと心配する。

 

そして、河川敷で毛布にくるまれた幼児の遺体が発見され、連続幼児連れ去り事件の犯人が捕まったが、犯人の自供からは広の件とは無関係であることがわかった。

 

警察が突き止めたのは生徒の渡来で、もはや逮捕尊前の所まで来ていた。

渡来から陽一に電話があり、誘拐犯は自分だと告げる。

 

「先生がいけないんですよ。。。僕の機嫌を損ねるような事するから。。。」

警察に追い詰められた渡来は、真相を明らかにせず建物の屋上から身を投げ自殺してしまう。

 

 

時は同じく、とあるアパートに暮らすOLの 門倉麻子(小池栄子) は隣の部屋から子供の鳴き声を聞き、玄関を開けて覗いてみるとそこには。。。

 

 

依然、広は見つからないまま時間だけが過ぎ去っていた。

 

結衣は同窓会に行ったときに楽しさのあまり、子供がいなければ。。。と思ったことが事件に繋がったと自分を攻める。

二人は生きていると信じて、街頭で情報提供のお願いを呼びかける。

里恵もあまりのショックで精神的におかしくなってしまった。。。

 

麻子が自転車で走っている前に子供が飛び出してきて、「ママー」と叫ぶ。

一体この子は。。。

 

時は2017年春。

 

陽一と結衣はその後離婚して、結衣は中華料理屋で働きながら、アパートでひとり暮らしていました。

 

そこに1本の電話がかかってきて、慌てて外に飛び出します。

行き先は児童養護施設「汐風園」

 

そこで結衣を待ち受けていたのは、児童福祉司の木野愁平(中島裕翔)でした。

 

そして結衣と9年前に誘拐された息子の広は再会を果たすことになります。

 

結衣の頬を一筋の涙が流れ落ち、二人は抱き合い、9年の空白が一気に縮まり、再会を噛み締めます。

 

一方、大学教師をやめ、実家で引きこもり生活をしている陽一はそんなことも知らず、荒んだ生活をしている。

 

再開を喜ぶ結衣と広だが、実は結衣がまだ知らされていない事実が存在する。

 

それは一体。。。

スポンサードリンク

キャストの演技について

いや〜第一話から展開が早いですね。

 

これで、あの可愛い子役が見れないのは残念です^^

 

沢尻エリカさんの演技力はやっぱりいいですね~。

 

結衣が「子供がいなければ。。。」と思ったことが事件に繋がったと自分を攻めるシーンでは、感情が徐々に高ぶり、涙を流しますが、その一連の演技も素晴らしかったです。

 

藤木直人さんもイメージ通りの役柄で、スーっと入ることが出来ました。

 

最終的には引きこもり状態ですが、今後は広が生きていたことを知るでしょうから、どうなって行くかが楽しみですね。

 

引きこもり状態から復活するか。。。結衣との関係は。。。バラバラになった家族の今後は。。。面白くなりそうです。

 

9年の時を経た広ですが、不思議と面影が残ってます^^

 

この道枝駿佑さんをキャスティングするにあたって、子役の吉武歓くんが選ばれたんじゃないのってくらい似てます。

 

しかし、広の最後の目つきが気になりますね。

 

児童福祉司の木野愁平(中島裕翔)が手にした手紙に真相が隠されてるんだと思いますが、一体どんな事実が隠されてるんでしょうか。

 

門倉麻子(小池栄子)が絡んでいるのは間違いなさそうなので、今後の絡みに期待が膨らみます。

スポンサードリンク

まとめ

沢尻エリカさんの久しぶりの主演連続ドラマですが、第一話を見て早くも次の展開が待ち遠しいですね。

 

小池栄子さんもドラマでは久しぶりなので、期待しちゃいますが、本当に何時まで経ってもきれいな方ですね^^

 

ショートヘアーがとてもお似合いです。

 

またお会いしましょう!

 


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

初心者向け格安スポットコンサル!!

格安スポットコンサルのご案内です。

ブログを始めるお手伝いをします。

詳しくは画像をクリック!!

kakisanのプロフィール

 

大阪在住の脱サラブロガーのかきさんです。

ブログで副業をお考えの方に情報を発信してます。

・おこずかい稼ぎ

・内職の代わり

・パートの代わり

などなど小さな目標からやってみませんか?

 

必ず達成できますよ^^

 

関西、特に大阪のそんな方達とコミュニケーションができればなぁと思ってます。

 

気軽にコメントいただければ嬉しいです!

 

かきさんのモットー

「数万収入の副業で高額コンサル不要!」
「ノウハウと時間で月収10万は達成!」
「達成してから高額コンサルを検討する!」

2018冬ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

カテゴリ