サクラマスの養殖に近大が成功?幻の魚の味や食べ方とは?

この記事は1分で読めます

どうも kakisanです。

 

あの養殖で有名な近畿大学が
幻の魚「サクラマス」の養殖に成功しました!

 

近畿大学といえば関西での有名大学で
クロマグロやウナギ味のナマズと、
養殖魚の開発でヒットを飛ばしてます。

スポンサードリンク

サクラマスといえば幻の魚と言われていて高級魚です。

 

3~5月、日本海でとれる本鱒(ホンマス)を
桜鱒(サクラマス)と呼び、
見た目も味も素晴らしい魚です。

 

高級料亭などに下ろされ
一般のスーパーなどではお目にかかれません。

 

実は現在、富山県でとれるサクラマスは年間約1トン。

 

準絶滅危惧種に指定されています。

 

川から海へ出て育つとサクラマス
川に残ったものはヤマメと呼ばれるます。

 

ダムなどの河川開発で
川を遡上できなくなってしまったんです。

スポンサードリンク

そこで、近畿大学が
富山県でのサクラマス研究に乗り出し
幻の寿司富山県産サクラマスの
鱒寿司を復活させたのです。

 

実は今から約300年前、
富山県でサクラマスを使って作られたのが
始りとされているんです。

 

現在はサクラマスで作った鱒寿司はありません。

 

それが近畿大学の養殖成功で復活したんです。

 

私も鱒寿司は好きで、よく食べたもんです。

 

それが幻のサクラマスで作った
ものを食べられるとなると
是非とも食べてみたいですね。

 

この富山県産のサクラマスを使った幻の鱒寿司。
来月6日まで阪急うめだ本店で販売されます。

 

興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

私は行きますよ^^

 

では、またお会いしましょう!


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ