ASKA容疑者は懲役何年?再び手を染めた理由や作成した曲はどうなる?

この記事は3分で読めます

どうも kakisanです。

 

今日もスッキリしない天気ですね。

 

曇ってましたし、寒い(^^)

 

なんか寂しい気持ちになるのは私だけでしょうか。

 

殆どの人がコートを着て、すっかり冬の街です。

 

インフルエンザの情報もちらほら出てきました。
皆さんも健康管理には十分注意して下さいね。

スポンサードリンク

さて、ASKAさんが再び逮捕されましたね。

 

一度手を染めるとなかなか抜け出せないのが覚醒剤。

 

本当に恐ろしい事です。

 

自身の体が蝕まれるのは勿論のこと、
その状態で運転なんかされたら本当に危険ですし、
幻覚で人に危害加えたりする可能性もありますからね。

 

今回は、自ら警察に通報して、
駆けつけた警察官が調べたところ陽性反応が出たんですね。

 

どこか、助けてほしいといった思いがあったのかも知れませんね。

 

彼は現在執行猶予中ですから、
これで懲役3年は確定となるわけです。

 

新たに今回の刑を加算されるでしょうから
5年以上になるのではないでしょうか。

 

詳細はわかりませんが、
情状酌量の余地はないでしょう。

 

現在58歳ですから、
獄中で還暦を迎えることになりますね。

 

家族の支えも裏切って
薬に走ってしまったASKAさんの代償は
あまりにも大きいと思います。

 

現在も使用は否定しているらしいです。

 

前回は二度と手を出さないと誓った彼に何があったのでしょう。

 

手を染めた理由は何か

「私は、この恐ろしい覚醒剤をやめたい、
やめなければならない。
しかし、自分の意思だけでは
やめることができないと思っています。
医師の指導にしたがって
治療をしていきたいと思っています」
と決意を述べ、施設にも入っていた彼。

ダルクですね。

 

しかし、1ケ月しか続かなかったそうです。

スポンサードリンク

やはり完全に辞めるのは難しく
薬物依存は一生完治することがない病気なんです。

 

怖いですね。

 

この世から薬物がなくならない限り
いつ手を出してしまうかわからない状態に
常に怯えながら生きていかなければならないのです。

 

最近は歌の創作活動も進めていて
本も執筆していた彼。

 

来週には動画サイトに新曲をアップする予定でした。

 

そんな彼は再起に向けた
プレッシャーがあったのかも知れません。

 

人間とは弱い生き物ですから
何か心の拠り所がないとダメなんですね。

 

それが家族であったり、恋人であったり
仲間であったり。。。

 

色々と選択肢があるうちは良いですが
彼には薬物しかなかったのでしょう。

 

ある意味同情する部分も
なきにしもあらずですが
それをやっちゃいけないのが社会です。

 

芸能界でトップクラスに君臨していた彼は
一気に滑落してしまったギャップに苦しみ
怯え、心が弱り、そして逃げてしまった。

 

それにしても、
どういった経緯で入手していたのか。

 

芸能界とは華やかな裏に闇が潜んでますね。

 

もちろん一部の人だけでしょうが。

 

日本は平和な国ですが、
裏の社会も存在しているということを
改めて教えられる事件です。

 

薬物なんかに手を出さなくても
世の中ポジティブに考えれば
そんなに悪くないです。

 

我々も精神的に弱っているときは
一人で抱え込まず、仲間に相談するなり
間違った道を歩まないよう
しっかり前を向いて生きて行きましょうね。

 

なんか今日は真面目な話ですみません^^

あんまりお金を持ってるのも問題です。

少なくとも1日小遣い500円の私には
物理的に薬物に手を出せないので安心です^^

 

さぁ、張り切って仕事しましょう!

 

では、またお会いしましょう!

 


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ