道脇裕(Nejiraw)プロフィールや経歴は?年収や家族についても!

この記事は3分で読めます

どうも kakisanです。

今日は天気悪いですね。

大阪はポツポツ降ってます。

たまには雨も良いですが、博多駅前の復旧に支障が出なければいいんですが。。。

しかし、日本の技術ってすごいですよね。

あの陥没を数日で復旧してしまうんですから。

海外から見たら驚きじゃないですかね。

もちろん技術だけではなくて、そこで働いている方々の使命感が半端ないと思います。

その道路がなくて困っている方々のために寝る間も惜しんで作業されているはずです。

本当に感謝ですね。

スポンサードリンク

さて、みなさんはネジって知ってますよね。

そう、ドライバーやスパナーなんかで回すあのネジやボルト・ナットです。

一般的には、アロ螺旋状のネジ構造ってやつですね。

小さなものから大きなもの、長いものから短いもの、様々なネジ構造が私たちの暮らしを支えてくれてます。

色々なところで使われているんですが、たまに緩んだりしますよね。

私は頭のネジがいつも緩んでます^^

しかし絶対に緩まないネジがあるとしたらどうでしょうか。

品質が向上するのはもちろんですが、点検などの周期の短縮などコスト面でも有利になると考えられますよね。

そんな夢のネジを開発した方がおられます。

その方の名は道脇裕さんです。

プロフィール

96958a9f889de5e4e3eae4e6e7e2e0e4e2eae0e2e3e68ae3e3e2e2e2-dsxbzo7632798029082014000001-pn1-14

〜 出展:日本経済新聞

本名:道脇 裕(みちわき ひろし)

「NejiLaw(ねじろう)」(東京・江東)の社長

1977年群馬県生まれの現在39歳。

とプロフィールはこれくらいしかないんです。

彼がすごいところは、以降の経歴なんですね。

日本の義務教育に疑問を持ち、自ら小学校を自主休学してるんです。

普通小学生が教育に疑問なんか持ちます?

この頃から、彼の頭の中には常に何に対しても疑問があったんじゃないでしょうか。

発明家と言われる人たちは、得てして面倒くさがりなんです。

何でこんなことしなあかんねん。。。もっと楽にできんのか。。。などなど色々な疑問をえがくがゆえ、それを何とかしようと考えるんですね。

実直に疑問を持たずに「ここに仕事があるからやるだけ」と言った考えも素晴らしいと思いますし、そう言った人たちが今を支えてるのは間違いないので、否定をしている訳ではないので、あしからず^^

その後彼は、様々な仕事を経験しながら、大学教授であった母親の大学研究室で多くの実験を行うようになったんですね。

もう、幼い頃から「発明」が彼の人生の大部分を占めていたんでしょう。

サラブレット、でしかも環境が整っていた、色々な要因が今の彼を作り出しているんでしょうね。

スポンサードリンク

そしてとうとう“緩まない”ねじを社会に送り出すためにNejiLawを設立。

東京都ベンチャー技術大賞・大賞=東京都知事賞、GOOD DESIGN AWARD金賞=経産大臣賞、日本イノベーター大賞優秀賞ほかを受賞。次代を創る100人、世界に誇るべきニッポンの100人、日本を動かすベンチャー100にそれぞれ選出され、現在に至ってます。

この「緩まないネジ」の構造ですが、通常はナットは右に回して締めるんですね。

そのようにネジ山が切ってあるのです。

しかしこのネジは簡単にいうとナットを右回しでも左回しで締めることができるようにネジ山が切ってあるんです。

なので、1つ目のナットを右回しで締めて、2つ目のナット(緩み防止でダブルナットというもの)を左回しで締める。

こうして重なり合った2つのナットはロックされて、双方が違う方向に回る力が働くので、緩まないんです。

単純なようで、日本では16世紀頃からネジが伝わったとされてまして、その間こんな発想が世に出てこなかったんですね。

金属同士に限らず、あらゆるものの緩みどめ構造に反映できる、画期的なアイデアじゃないでしょうか。

今後は国を挙げて支援されるので、数年後には安価で手に入れやすくなり、徐々に普及していくと思います。

安価になれば、ライフラインなどの部材に使用されて、メンテフリーになればコスト削減に大きく寄与すると思いますね〜。

年収や家族は?

資本金2億の会社で、昨年は3億の売上高とのこと。

従業員数はわかりませんが、社長さんですから数千万といったところじゃないでしょうか。

しかし、このネジが普及すれば売上高も大きくなっていくでしょうね。

結婚はされていて、道脇 愛羽(えこ)ちゃんという娘さんがいらっしゃいます。

また、この娘さんがすごくて「全日本学生児童発明くふう展」で、最高賞の恩賜記念賞に輝いた実績の持ち主です。

無針弧ンパスっていって、両側に車輪をつけた棒状の磁石で、中心の張りがなくても磁石の役割を果たすものです。

サラブレッドがサラブレッドを生んだんですね。

いやいや、まだまだ世に出てないアイデアってたくさんあるんでしょうね。

早く大量生産化されて手にとって見てみたいもんです。

そして、私の頭のネジをこれに交換したいです^^

では、またお会いしましょう!


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ