吉原知子(JT監督)の年収は?今も独身?性格や経歴についても!

この記事は3分で読めます

どうも kakisanです。

皆さんはスポーツ何してますか?

ちょっと寒くなってきましたけど、運動をするには良い気候ですよね。

現在現役の方や、若かりし頃は。。。って方、様々でしょうが、私は若い頃にバレーボールと空手を少々やってました。

空手は東京オリンピックの正式種目担って、徐々に話題性が出てきましたよね。

あまりTV放映されないので、ご存じない方もいると思います。

スポンサードリンク

バレーボールはメジャーなので、ほとんどの方が知ってると思いますが、私は若い頃から6人制と社会人になってから9人制を経験しました。

身長が高いのでアタッカーでしたが、もともと運動神経が良い方ではないので、そんなに上達はしませんでしたけど、今となっては楽しい思い出です。

経験者はわかると思いますが、しばらくしていないと、レシーブすると腕が痛いんですよね^^

たかがボールで?と思われるかも知れませんが、痛みって慣れなんですよ。

空手もそうですが、蹴った自分が痛いんですけど、そのうち慣れるんです。

そうですね〜3ケ月もあれば痛みには慣れてきます。

人間の体ってうまいこと出来てるんですね。

今やると、速攻骨折です^^

さて、バレーボールですが、日本で知名度が上がったのは1964年の東京オリンピックでの「東洋の魔女」で世界を驚かせた頃からではないでしょうか。

日紡貝塚女子バレーボールチームが1961年の欧州遠征で22連勝した時につけられたニックネームなんですが、当時のソ連との決勝戦の視聴率は66.8%で、スポーツ中継では歴代最高の数値なんです。

この後にバレーボールブームになり「サインはV」、「アタックNo.1」などの作品も生まれたんですね。

私は男ですが、見てましたよ^^

今覚えば、数少ない女性版スポ根です。

今では普通になってますが、レシーバーの手元でボールが揺れるサーブ、回転レシーブといった技術が最大の武器でした。

柔道がお家芸と言われていた日本、受け身を応用したのではないでしょうかね。

そんなバレーボールも今は近代化して、色々な技術も革新し、日本人の体型も代わり、ルールも変化したものになってます。

そしてここ近年、女子バレーが特に熱いです!

TVでも放映され、知名度は抜群になりましたよね。

そうなると、スター選手とかアイドル選手なるものが出てくるのですが、その中でも「日本一のセンタープレイヤー」と評価された選手がいました。

それが吉原知子さんです。

 

スポンサードリンク

 

プロフィールは?

吉原 知子

Tomoko Yoshihara
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1970年2月4日(46歳)
出身地 北海道雨竜郡妹背牛町
ラテン文字 Tomoko Yoshihara
身長 180cm
体重 60kg
選手情報
愛称 トモ
ポジション MB
指高 232cm
利き手 右
スパイク 305cm
ブロック 295cm

〜 出典元:Wikipedia 〜

今でこそ日本人でもプロ契約されている選手はいますが、彼女が日本人で初めてイタリアリーグ・セリエA・アンコーナとプロ契約を交わした選手なんです。

あの大林素子さんも彼女と同じ日立のチームに在籍してたんですね。

アトランタオリンピック以降は若手中心のチームに方針が転換され、彼女は全日本代表から外れますが、その後の活躍は目まぐるしく、数々の賞を受賞してます。

くしくも、彼女のいない日本代表はアトランタ行きの切符を逃すことになるんです。

2003年に柳本晶一監督が就任され、彼女を代表チームに呼び戻し、アテネオリンピック出場に大きな功績を残したのは言うまでもありません。

年収は結婚は?

その後は膝の故障などもあり、18年間の現役生活を終え、コメンテーターなどのお仕事をされていましたが、2015年にVチャレンジリーグのJTマーヴェラスの監督に就任されました。

監督だけでなく、少なくはなるでしょうがコメンテーターなどの仕事もおありでしょうから、やはり全て合わせると1000万程度はあると思います。

すでに結婚されていると思っていたのですが、どうやら独身みたいですね。

バレー一筋!そんな時間はなかったのかも知れません。

 

監督業では、選手たちをギリギリまで追い詰め、精神的にも肉体的にも鍛え上げた結果、就任後1年で数々の結果を出していることにはバレー界で高く評価されています。

彼女が所属した全てのチームで優勝という戦績を残し、優勝請負人と言われた一方で、引退時に時を除き、すべての所属チームで解雇を経験していると言う苦労人でもある彼女。

闘将吉原が日本女子バレーボール界を変えることは間違いなさそうですね。

今後も応援したいと思います。

 

 


スポンサードリンク

こちらの記事も読まれています^^



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017秋ドラマ特集

2017クリスマスコフレ特集

kakisanと申します

kakisan

kakisan

みなさんのお役に立てる情報をメインに発信できればと思ってます。よろしくお願いします。

プロフィールを表示 →

カテゴリ