柿原りんかの経歴や身長は?父親の職業についても!

どうも kakisanです。

皆さんは柿原りんかちゃんをご存知ですか?

2018年3月22日(木)の「櫻井・有吉THE夜会★みやぞん&ブルゾンの休日に完全密着!謎のこだわり爆発」に出演されます。

とても可愛らしい女の子ですが、なかなかの演技力で話題になってました。

今回はそんな柿原りんかちゃんについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

プロフィール(経歴)

ジョビィキッズプロダクション公式サイト

名 前:柿原りんか

生年月日:2004年5月1日

出生地:奈良県

所 属:ジョビィキッズプロダクション

清楚な感じが良いですね。

由緒正しき子役って感じです(笑)

どことなく宮崎あおいさんと似てませんか?

まだ中学生なので、これから大人の女性にに変わっていくでしょうが、俗に言う「童顔」系の可愛い女優さんになりそうな予感がします。

りんかちゃんの経歴は、TV、映画、舞台とマルチに活躍されてます。

最近話題になったのは、「大河ドラマ 西郷どん」の第2話で「ふき」役として出演し、その演技力がツイッターで話題になってました。

貧しい農家の女の子で、親父の借金の代わりに売られていく役でした。

映画では「彼らが本気で編むときは、」のトモ役で出演。

舞台でもミュージカルに出演するなど、その実力はすでに認められていて、ファンの方も非常に多いです。

本当に将来が楽しみなじゅ優さんですね。

身長などのデータは公表されていませんが、中学生ということもあってドラマでの映像から察するに140cm〜145cmぐらいではないかと思います。

思春期ですから、今後急激に伸びるでしょうね。

ブログはあるの?

SNS関係を調べてみましたが。。。残念ながら見つかりませんでした。

子役ということもあって、事務所的にバツなのかもしれませんね。

私の知り合いにも芸能務所に所属している人がいますが、未成年だと厳しいみたいです。

特に地名度が上がってくると、事務所にしっかり管理されてると思います。

やっぱり、日常のりんかちゃんのことも知りたいというのがファンの心理ですから、ブログやツイッターなどで呟いて欲しいですね。

西郷どんの名演技

先ほども紹介しましたが、「大河ドラマ 西郷どん」の第2話で「ふき」役の名演技が話題になりました。

左前にいるのがりんかちゃんです。

現場スタッフもボロ泣きするほどの撮影だったらしいですが、主役の鈴木亮平さんをも喰ってしまう演技だったからこその裏話ですね。

大女優さんに限って、過去のエピソードでに「子供の頃から引き込まれる演技だった。。。」なんて逸話がつきものですからね。

りんかちゃんが大人の女優さんになった時に、西郷どんでの演技シーンが流れる時が必ず訪れるでしょうね。

中学校はどこ?

りんかちゃんは奈良県出身の関西人です。

私も大阪人なので、同じ関西から名女優が誕生するのは嬉しいですね。

奈良県といっても非常に広いので、調べても限定はできませんでした。

ま、子役なので公表はしていないでしょうね。

事務所は大阪なので、奈良から通っているのか大阪にマンションでも借りているのか、女優業が本格的になりつつある今はどうされているのかわかりませんが、ご両親も精一杯のサポートをされていることだと思います。

出演映画は?

ご自身の映画初出演となった『彼らが本気で編むときは、』で映画デビューを果たしてます。

この作品は第67回ベルリン国際映画祭においてベルリン国際映画祭の独立賞のひとつであるテディ審査員特別賞に輝いています。

邦画としては初めての快挙で、そのことも合わせて話題になっていました。

監督は荻上直子、主演は生田斗真、桐谷健太で、リンカちゃんもレッドカーペットを歩いているんですからすごいことですよね。

スポンサードリンク

実は紅白出場経験もあり!

「NHK紅白歌合戦」にも出演してい流との情報がありますが、歌手活動はしていないので、どういった形で出場したのかわかっていません。

おそらくはエキストラのような役割だったんでしょうね。

父親の職業は?

お父様の情報は見つかりませんでした。

しかし芸能事務所に所属するためには、最初に入会金があって、レッスン代など含めると経済的に余裕がないと難しいです。

事務所のスカウトで全額免除なんて条件なら良いんでしょうけどね。

一流企業にお勤めか、自営業なのか。。。

何れにしても経済的に余裕がある職業なのは間違いないと思います。

まとめ

いかがでしたか。

レッドカーペットに紅白出場と、すごい経歴の持ち主だったんですね。

今後は大女優に向けて露出も多くなってくるんじゃないでしょうか。

芦田愛菜ちゃんとも同じ事務所ということで、逸材揃いの事務所ですね。

子役は大成しないといったジンクスもありますが、そんなジンクスを吹き飛ばして大女優になって欲しいと思います。

では、またお会いしましょう!

スポンサードリンク





カテゴリ