淀川河川公園背割堤(せわりてい)2018花見の駐車場情報について!

どうも kakisanです。

だいぶん春らしくなってきましたが、みなさん体調などはいかがでしょうか。

厳しい冬が終われば景気よくお花見でも楽しみたいところですが、事前の確認はお済みでしょうか。

えっ、まだそんな時期じゃないしいつも行くところはそんなに混まないから大丈夫?

いえいえ、近年はインターネットの普及などもあって、ちょっと前までは知る人ぞ知る穴場だったようなところがいつの間にかみんなの知るところとなって気軽に行けなくなってしまったなんてこともよくあります。

今回は関西での人気お花見スポットである京都の淀川河川公園背割堤(よどがわかせんこうえん せわりてい)について紹介したいと思います。

こちらも近年になって桜の名所としてどんどん人気、知名度を上げている場所です。

気軽に行けると思ってたら混雑して思うようなお花見ができなかった。。。

なんてことがないようにぜひ今から計画を立てる上での参考にしてみてください。

スポンサードリンク

【駐車場情報について】

背割堤桜祭期間中は一般車両の駐車ができません。

2018年からは臨時駐車場も開設されないとのことです。

なので周辺の駐車場を利用するしかありませんが、できれば予約できたらいいですよね。

そんな方に朗報です。

場所を検索して近隣駐車場を探して空いていれば予約できちゃうんです。

近くに行けばなんとかなるだろうと思っているあなた。

行楽シーズンは予想外に混雑してますから、甘い考えは危険ですよ〜(笑)

しっかり予約しておけば、時間を無駄にする事なく花見を楽しめますので、ぜひ活用してみてください。

くれぐれもドライバーの方は飲酒運転の内容にしてくださいね。

【淀川河川公園背割堤とは?】

https://www.instagram.com/p/BDzAQujAcL7/?hl=ja

背割堤は、京都府八幡市にある堤防で淀川と木津川の合流部に全長1.4kmに渡って二つの河川を区切るように設置されてマス。

洪水発生時に両河川をスムーズかつ安全に合流させる役割を果たしています。

淀川河川公園の景観保全地区に指定され、ソメイヨシノが約250本植えられているため、毎年4月には花見客でにぎわっています。

1970年代までは堤防にマツが植えられていたとのことですが、虫の被害のためソメイヨシノに植え替えられ現在に至っているとのことで1988年から桜並木の一般開放が開始されました。

2017年版の「全国お花見1000景」の「関西人気お花見スポットランキング」で4位にも輝いています。

※2018年1/19現在。順位はリアルタイムで変動しています

 

【淀川河川公園背割堤の桜のみどころは?】

https://www.instagram.com/p/BSpVQ3ch8kA/?hl=ja

木津川と宇治川を分ける背割堤は、春になると咲き誇る桜でほのかなピンク色に包まれ、自然の大パノラマが広がる川沿いに約250本のソメイヨシノが1.4kmの桜並木を作っています。

満開の桜のトンネルは圧巻で芝生の広場もありバーベキューやジョギングの他、京都・奈良・大阪を結ぶサイクリングの拠点としても利用されています。

 

https://www.instagram.com/p/BUW0R4_g2Ep/?hl=ja

2017年に桜並木を地条約25メートルの高さから一望できる「さくらであい館」がオープンしました。

さくらであい館は、宇治川・木津川・桂川が合流する三川合流地域の地域間交流や地域振興、観光周遊の拠点として人・物・情報が出会う、活気あふれるスペースをコンセプトにしています。

 

https://www.instagram.com/p/BTUGxU6g_dX/?hl=ja

さくらであい館ができたことで高い場所から桜並木を見ることができるようになってます。

淀川河川公園背割堤の桜の良さが改めてわかったという声も多いようで、確かに桜のボリューム感がすごいですね。

桜並木がまるで桜でできた雲のようにも見えます。

 

https://www.instagram.com/p/BSn9uVcBoxf/?hl=ja

さくらであい館のオープンに伴い毎年桜の時期に淀川河川公園背割堤行われている「八幡桜まつり」も2018年より「背割堤さくらまつり」に名称が変更となりました。

昨年は約46万人が来場したとのことで今年はそれ以上の来場者を見込んでいるとのことです。

桜まつりの時期にはさくらであい館はもちろん、淀川河川公園背割堤地区一帯で飲食、地域の新鮮野菜、加工食品、雑貨等の販売が行われる「さくらマルシェ」が開催されます。

多くの出店が予定されていますのでそちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

【最後に】

◎淀川河川公園背割堤のお花見情報

 

・例年の見頃:4月1日 ~ 4月10日

 

・開園・閉園時間:9:00~17:00、ライトアップはありません。定休日はありません。

 

・売店:3/31~4/10の「背割堤さくらまつり(旧名称:八幡桜まつり)」期間中のみ出店の飲食店での酒類の販売もあります。

 

・公衆トイレ:あり

 

・料金:入園は無料となります。

 

・住所:京都府八幡市八幡在応寺地先

 

・交通アクセス

【電車】京阪本線八幡市駅から徒歩約10分

・駐車場:大型バス専用、一般者用駐車場がありませんので公共交通をご利用ください。昨年までは臨時駐車場が開設されていましたが2018年からは開設されないことになりましたのでご注意ください。

・お問い合わせ075-981-1141 八幡市観光協会

◎淀川河川公園のホームページ

近隣の駐車場を事前に予約するならこちら!

いかがでしたか?

紹介してきたように淀川河川公園背割堤の桜並木はまだ歴史が新しいです。

当初は知名度もあまり高くなかったとのことですが、近年になって桜の名所として知られるようになり人気の観光スポットになったとのことです。

当初堤防に植えられていたマツが虫の被害に遭わなかったら、代わりにソメイヨシノが植えられることもなかったかもしれません。

そうなれば淀川河川公園背割堤が桜の名所になることもなかったかと思うと何がきっかけになるかわからないものですね。

昨年には「さくらであい館」もオープンして桜を見やすくなったことでますますその人気が高まっています。

今年の花見を検討されている方は事前にしっかりと確認の上計画を立ててお出かけすることをお薦めします。

では、またお会いしましょう!

こちらの記事もご参考に!

大阪城公園2018花見の駐車場情報について!

海津大崎(かいづおおさき)2018花見の駐車場情報について!

吉野山(奈良)2018花見の駐車場情報について!

スポンサードリンク





カテゴリ